プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

古都秋景5ーお念仏の知恩院の紅葉(法然もその父もすごい)

2015/12/25(Fri) Category : 神社・寺・城・歴史
【古都秋景】

お念仏のふるさと知恩院。
「南無阿弥陀仏」と唱える人は皆救われるとした法然上人(1133-1212)

知恩院14 法然上人
知恩院14 法然上人 posted by (C)Hide


その背景にあった物語がすごい。
夜襲に遭った父の遺言が見事だった。

「恨みをはらすのに恨みをもってするならば、人の世に恨みのなくなるときはない。恨みを超えた広い心を持って、すべての人が救われる仏の道を求めよ」


「俺の敵を取ってくれ」や
「俺の無念を晴らしてくれ」ではないのです。

すばらしい!
子供にそんな宿命(宿題)を背負わせてなるものか。
これが本当の親心でしょう。
私は、法然の父、漆間時国(うるまときくに)に感銘を受けました。

その後、法然は「智恵第一の法然房」と呼ばれるようになりますが、この「智恵」とは、観音の「広大智慧観」(偏らずに平等に観ずる)のことのように思います。



-----------------------------------------
当時の仏教は貴族仏教と化し、庶民は天災・飢饉・疫病の中にうち捨てられていました。法然は訪れる人を誰でも受け入れて阿弥陀仏の教えを説く生活に入り、仏教界から弾圧を受けるようになります。

そして、弟子が後鳥羽上皇の怒りをかう事件を起こしたことから、法然は讃岐に、弟子の親鸞は越後に流罪となります(建永の法難)。

では、一体どれほどのことをしでかしたのか?
武士(弓の名人)から出家した法然ですから、同じように武士を捨てて弟子入りする人がいました。源平合戦で平敦盛を討ち取った熊谷直実もそう。その中に、住蓮と安楽という2人の僧がいました。

その2人の念仏の美声に惚れてしまい、ついに出家してしまった2人の姉妹がいました。姉妹の名は、松虫と鈴虫(なんと出来すぎた話でしょうね)。そして、この姉妹が、後鳥羽上皇が寵愛する女御だったのです。激怒した後鳥羽上皇は住蓮と安楽を処刑。
・・・なんてことを、まぁ。

けれど、状況として浄土宗が当時の社会を引っかき回していたことは事実。人気があれば便乗者も出ます。浄土宗亜流のような宗教者があちこちに出てきたようで、仏教界は秩序を取り戻すチャンスを狙っていたのでしょう。住蓮と安楽は、その人身御供とされ、浄土宗解体が画策されたのでしょう。


さて、法然の死後、法然の恩に報いる知恩講(恩を知るという意味でしょうか)が始まり、それが知恩院となります。

徳川家は浄土宗に帰依しており、家康は生母が亡くなると知恩院で弔い、寺域を拡張したそうです。それが現在に至る知恩院の基礎。家康ゆかりだったんですね~。





さて、知恩院は西日の射す頃に見て、一度出て、再度夕方からのライトアップを見た―という展開になりました。

まずは、清水寺→護国神社→円山公園と来て、てくてくと知恩院へ。
山門が見えてきました。
知恩院02
知恩院02 posted by (C)Hide

堂々たる構えですね。
なぜ山門を「三門」と書くのか―解脱の三境地を表しているのだそうです。
知恩院03 三門(解脱の三境地を表す門)
知恩院03 三門(解脱の三境地を表す門) posted by (C)Hide

現存する木造建築としては最大の二重門だそうです。
お見事!
知恩院04
知恩院04 posted by (C)Hide

上にかかっている「華頂山」の額は畳二畳以上の大きさとか
知恩院05
知恩院05 posted by (C)Hide


西日です。
知恩院11
知恩院11 posted by (C)Hide

侘びた池
知恩院12
知恩院12 posted by (C)Hide


池と経蔵の間にある紅葉も見事。
知恩院13
知恩院13 posted by (C)Hide

知恩院17
知恩院17 posted by (C)Hide

法然上人の眠る御廟ですね。
知恩院18
知恩院18 posted by (C)Hide

拝殿に立つと、正面に御廟が見えます。
拝殿が念仏場になっているのが法然への思いを表していますね。
知恩院32 拝殿から御廟を望む
知恩院32 拝殿から御廟を望む posted by (C)Hide


御廟から振り返ると、西日に紅葉が美しい。
知恩院22
知恩院22 posted by (C)Hide

知恩院23
知恩院23 posted by (C)Hide

知恩院24
知恩院24 posted by (C)Hide

知恩院33
知恩院33 posted by (C)Hide

知恩院36
知恩院36 posted by (C)Hide


木がいい風情ですね。
知恩院38
知恩院38 posted by (C)Hide

知恩院39
知恩院39 posted by (C)Hide


門からの借景―
知恩院40
知恩院40 posted by (C)Hide


この後、並び直して夜間拝観となります。









【追記】
知恩院の鐘のつき方ってすごいんですね。




関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード