プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


中尾相談室のカウンセリング概要
カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2019/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

徳光&安住の感動再開逢いたい!スペシャル(TBS)

2005/10/11(Tue) Category : TV.本.漫画
2つ目の話だったか。

離婚を決意した母親が出て行く。
事情がわかっていない幼子(男の子)は、「またね」と言ってベランダから手を振り続ける。

母は再婚し、男児が生まれる。
その子どもは成長して、いつしか母に別れた子どもに合わせてやりたいと思うようになる。そして、自分も兄に会いたいと。

再開。
2人の様子に感涙の弟。弟に礼を言う兄。
遠ざかっていく母親の後姿。その光景が鮮明にずーっと残っていたという兄―

その幼き最後の日の残像が見える気がする。
その後、どういう思いで時を過ごしたのか…

私は、もう目をパチパチして見ていた。ふと、その様子に気づいた妻が、
「あっ、パパ泣きそうな顔してる」

バカヤロウ。かろうじて均衡を保って見ていたのに、その一言で一挙に崩れる。
コップから盛り上がっても、表面張力でギリギリ持っていた水に、ポタッと一滴落ちてきたようなもので一挙にあふれ出す。

「あっ、子どものようにクシャッと泣いてる。みんないい子いい子してあげよう」
アホか。追い討ちが来る。

息子は、ニヤニヤ笑いながらこちらを見ない。思いやりだ。
コリャ、もう見ているどころではない。顔を洗うために立つ。

背中に娘の追い討ちが飛んできた。
「パパは、徳光さんになれるよね!」

------------------------------------
子どもの親に対する愛情の深さを、また感じた番組だった。
関連記事
 
Comment1  |  Trackback1
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

432:2005秋の特番特集?

・日テレ21:00「日本のシンドラー 杉原千畝物語・六千人の命のビザ」第二次大戦中、ナチスに迫害されたユダヤ難民に対し、独断で日本通過ビザを発給、6000人を救った日本人外交官・杉原千畝の運命を描いたスペシャルドラマ。スピルバーグの名作『シンドラーのリスト』の主 ...

 
 
 

Comment

 

記事を見て思い出した話があります。

試してみたら「秋のよく晴れた日になると思い出す。3歳の秋の日、母」で検索出来ました。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
QRコード
 
QRコード