プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

熊本・大分の地震から思うこと

2016/04/18(Mon) Category : 地震・災害・脱原発
(家族ロールプレイの感想の掲載は少し伸ばします)
昨日は、大風が吹き荒んでいましたね。雨のない台風のようでした。

震度7も未経験の揺れですが、それが深夜にもう一度来るとは。眠れずに疲れ切ったところに追い打ちが来るダメージは相当だと思います。

かつて訪れた熊本城と阿蘇神社の崩壊は衝撃でした。
火の国が壊された―そう感じました。

あの阿蘇大橋も崩落したとは・・・慄然とする思いです。

下は、2012年に訪れたときの阿蘇神社大楼門。
阿蘇神社01 大楼門
阿蘇神社01 大楼門 posted by (C)Hide

阿蘇神社02 大楼門
阿蘇神社02 大楼門 posted by (C)Hide

この威風堂々たる大楼門が・・・

同じ時に訪れた幣立神宮は大丈夫か?
幣立神宮
幣立神宮 posted by (C)Hide

と思って場所を確認したら、
震源地は、北緯32.782度 東経130.726度
幣立神宮は、北緯32.687度 東経131.136度

幣立神宮直下型地震と言ってもいいくらいの、なんとも怪しいほどの一致感。直下型ということは、真上の影響が最も大きいよね・・・。

ふと、こういう思いがよぎったのは、落とす必要もなかった長崎に原爆を落としたのは、カトリックに打撃を与えるためという説があるから。確か、浦上天主堂の真上に落としたのではなかったっけ。

ISが人類遺産を爆破している。これも、証拠隠滅?

ケネウィックマンの時も、縄文人の骨が発見されたコロラドの河原を2000トンもの土砂で埋め尽くして、発掘作業を不可能にしましたからね。
瑞巌寺随想~8.縄文人とインディアン~ペトログラフが語るもの

私のごとき市井の者でさえ、人類の過去の歴史を知られたくない勢力がやっているんだろうなぁ、と思ったりするわけで、いろいろ知っている人はたくさんいることでしょう。

現世欲の争い―空しいことです。
隠蔽して虚構の世界に閉じ込める―空しいことです。
いずれあの世にいったらすべてわかることだろうに・・・。

以上、妄想タイム終わり。



それにしても、訪れた神社仏閣で記事にしてない所がたくさんありますが、まさかこんなことになるとは。いつ何が起こるかわからない時代です。

なかなか時間が取れませんが、私は自分のなすべきこと―心の問題をしっかり伝えていこうと思います。





熊本の叔父(母の弟)に様子をうかがいました。
屋根は防災瓦にしていたため、外観上問題はないとのこと。しかし、中は酷い惨状で、殆ど捨てるとのこと。
息子さんの住むマンションは、上からタンクか何かが落ちてきたそうです。
娘さんのマンションは、もう住めないとのこと。住み慣れた家を失うことは大変な心労を伴うでしょう。

想像以上の状況でしたが、声が元気で安心しました。
けれど、本当の闘いはこれからです。

勝手に熊本に応援に行くか、と思ったとき、飛行機もJRも高速もすべてダメなことに改めて気づきました。特定地域が分断しているのではなく、県丸ごと孤立しています。電気や水道が止まった都市は難民地帯に変わります。

改めて、これが地震なのだと思いました。
自衛隊以外行けない場所に変わり、そこでは電気・ガス・水道というライフラインがないままに閉ざされることになります。

備蓄はしてますが、改めて水の大切さを感じ、楽天で保存水を追加注文しようとしたら売れ筋は軒並み売り切れでした。その他に我が家では必須なのが、ストーマ用品と紙オムツ、尿取りパッド(昼用&夜用)。

(ちなみに、夜用尿取りパッドは、テープタイプで長さが十分にあるライフリーの4回吸収が一番いいです。きちんとやれば、紙オムツが3日間持つこともあります)



-----------------------------------------------------------------
大分の従兄弟(父より年上の父の甥)にも様子をうかがいました。
こちらも揺れが酷く、家の中では怖いので車の中で寝たとのこと。
それでも、大きな被害はなく、こちらも一安心でした。

ところで、熊本→大分と来て、その先にあるのが伊方原発です。ニュースでは、『川内原発 玄海原発 伊方原発 異常なし』などと発表されていますが、そういう問題じゃないことくらい、わかっているでしょうに。

一端放射能で汚染されてしまったら、そこは、もはや復興がきわめて困難なことは311で証明されたというのに。



-----------------------------------------------------------------
ともあれ、思うのは、
一日一日を悔いなくすごそうということ。

たとえば父や母や親戚から話を聞くことは、自分の脚本を知る上でとても大切なこと。その“在り方”がイヤだからといって遠ざけているうちに、あっと言う間に物忘れが進んでいきます。

母の兄弟で最も若いのが熊本の叔父(78)ですが、まだお元気なうちに訪問したいと思っている矢先にこのような地震ですから、思い立ったら即行動くらいで実行していかなければ後悔することになりそうです。

また、老親に意欲を持たせるために、今年は毎月花を見に行こうと思っていますが、その時期を逃せば、次は来年になってしまいます。その来年を迎えられるかどうか誰にもわかりません。つまり、花々との出会いも一期一会なのです。だから、これも決めたらやっていこうと思っています。

世界がどうあれ、世の中がどうあれ、天変地異が起ころうとも、自分が思ったことを行動に移していく。思い残すことがないように。

そのための努力をしていこうと思います。







裏鬼門熊本よ、開け。そして、世界に開け~日本!



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード