プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

災害発生10日後から留意すべきこと

2016/04/25(Mon) Category : 地震・災害・脱原発
災害発生から10日後、ここからが勝負のようです。

以下はテレビからの情報ですが、混乱から落ち着きはじめ状況が見えるようになってくる一方、疲労した心身は限界に向かっていきます。家に戻れず避難所に固定されて身動き取れない状況の中、「生活不活発病」が出てくるのが10日後くらいかららしいのです。

あれこれに追われる中で、老人や子どもは放置される状況も出てくるでしょう。しゃべらない、遊ばない、寝ない、食べないという状態が出始め、老人がぼけ始めるのだそうです。

「生活不活発病」って恥ずかしながら初めて聞きましたが、サイトを見ると、どうやら「することがない」(環境激変による役割喪失)+「してはいけない」(人の目や遠慮など)の相乗効果で発症するようですね。いわば、内外からの禁止令の挟み撃ちに遭って身動きが取れなくなってしまう感じでしょうか。

これをくい止めるために必要なのが、「気晴らし」だと言っていました。
子どもや老人には、遊び相手や笑えること(手品など例に挙がってました)。「不謹慎」と思わずに、そういう援助がほしいと言ってました。硬直した空気に風穴を開ける勇気が必要なようです。

大人は「班」を作ってつながりや役割を持たせることが大切とのこと。役割を持つというのは、気持ちを支える手段となります。それに、役割を通じてコミュニケーションも生まれるでしょう。

エコノミー症候群を防止するためにも、ラジオ体操を始めたりなど、日常を取り戻す工夫が大切だと体験者が仰ってました。

受け身の状態に置かせられ続けることが力を奪っていきますので、主体者意識を持っていただく工夫は大切だと思います。みんなが乗れる主体者意識は、“ここ”を居心地のいい空間にしていこうという意識でしょう。

実際、過去の成功事例では、体育館の中を靴で歩ける通路と靴を脱がなければいけない区画(班)に分け、班には班長を立てるという疑似町内会方式で、班ごとにニーズをまとめるというやり方ですべての人をすくい上げていました。



もう一つ指摘されていたのは、今回は都市部の被災で、避難者がぎゅうぎゅう詰めになっていること。家が一見大丈夫そうに見えても、いつまた大きな地震が来て崩壊するかわからないため避難されている方も多いでしょう。(実験では、1回目の地震に耐えた耐震設計の家も、3日後の2回目の地震で崩壊していました)

その状態の所に届いた物資が、階段などの通路も埋めて窮屈さが増している状況が、施設運営者の方から語られていました。

物資が生ものでないのであれば、区画の仕切りとして段ボールを使えないかと感じました(そういう事例をテレビで見たので)。段ボールを2段ほど積んで仕切りを作るだけで疑似プライベートスペースができますし、その中に段ボールを一つ机のように置くだけでもパーソナルスペースの拠点ともなるでしょう。
(可能なら、2段のうち上段の段ボールは空箱にすれば心配もないでしょう)

また、段ボール内の物資の管理も、その区画の人にお願いするのもいいかもしれません。




-----------------------------------------------------
それから、インタビューされた被災者の方から、「備えをしておいてほしい」というメッセージがありました。九州には大きな地震は来ないと思っていた方の後悔の言葉でした。今や、日本全国、日本海側・太平洋側問わず、どこでも起こり得るでしょう。

備えについては下記のように記事を書きましたが、持ち出し品については書いてませんでしたので、再点検しました。

わが家の地震対応(2011/03/13)
311から5年―「循環」を取り戻していきたい(2016/03/11)


<リュック1に入っているもの>
1.ヘッドライト、光る棒
2.ホイッスル、鏡(通信に使える)、双眼鏡、磁石
3.ゴーグル、防塵マスク、防塵フード、ゴム手袋、ドライバー類
4.アルミブランケット、ビニールシート、ロープ
5.三角巾、ラップ、ホッカイロ、ティッシュ
6.アイマスク、耳栓、歯ブラシ、石けん
7.手帳、ペン
8.黒ポリ袋、脱臭凝固剤(←トイレ関係)
9.ストロー浄水器
10.放射能測定器
11.十徳ナイフ、飯盒、ヒートパック、ライター、蝋燭
12.米、塩、乾パン、アクエリアス粉、塩飴


<リュック2(小型)に入っているもの>
1~7は基本同じ。
8.携帯トイレ
9.救急セット、薬、体温計、包帯、ガーゼ
10.水不要シャンプー、消毒スプレー


<リュック3に入っているもの>
・非常食と食器
・ウォータータンク
・布ガムテープ
・レスキューシート、黒ポリ袋、脱臭凝固剤



あと必要なのは、
・手動充電式のラジオ付きライトの類い。
・防虫スプレー(蚊で眠れなかったという声を今回聞いたので)

また、車での生活を考えるとすればシュラフなども考えておいた方がいいかもしれません。





関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード