プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

ビューティフルマインド

2006/07/12(Wed) Category : 映画
あなたに贈ります。

リアルな幻覚、幻聴のある強い統合失調症の症状を持つ数学者の物語です。

それと知らずに結婚した妻は、彼の病を知りショックを受けます。
妻にその事実を突きつけられた本人は、さらに深刻なショックを受けます。
それまで実在すると信じていた人物達が親友も含めて、実は架空だったことが分かるわけですから。

いったん精神病院に入院。
退院後、薬物治療を続けますが、再発。

ある時、彼はまだ赤ん坊の息子をお風呂に入れます。
蛇口をひねり、湯がたまってきます。
“親友”が見ていてくれるというので、彼は赤ちゃんを親友に任せました。

…間一髪、
外から戻った妻が、溺れそうになっていた赤ちゃんを助けました。

見てくれているはずの“親友”は、いません。
彼は深いショックを受け、妻も絶望的になります。



入院治療しない限り、現実が幻想に飲み込まれてしまう可能性があると言う医師。
一方、自分が病気だという事実を認めない限り、妻子に危害すら及ぶことを悟った彼。しかし、入院時のひどい治療を思い出し、入院することができません。

追い詰められた彼は、ついに決意しました。
自分の周りに登場する架空の人物達を徹底して無視する―

その決意を感じ、妻も腹を決めます。
奇跡を信じようと。




見知った人々の間で過ごさせようと、妻の勧めで古巣の大学に通い始めます。
大学も立派。時に奇行を繰り返す彼を受け止めました。
彼は図書館で数式をひねり続けます。

架空の登場人物たちが幻想の世界へ引き込もうとします。
が、彼は耳を貸そうとしません。

長い年月の後―
その人物達は彼に話しかけることは諦め、
今や遠くから見るだけになっていきます。

そして、
あの溺れかけた息子が社会人になる頃、彼の理論を世が認め、
なんとノーベル賞を受賞することになります。

病院に閉じ込められて一生を終えたかもしれない男が、世界に貢献しました。



奇跡が起こりました。




彼は、今もプリンストンの大学で教鞭をとっているそうです。








ジョン・ナッシュ~マインドとハート











関連記事
 
Comment0  |  Trackback1
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビューティフル・マインド

「ビューティフル・マインド」という映画をDVDで観ました。 ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン ビューティフル・マインド ― アワード・エディション  主人公はラッセル・クロウ演じるジョン・ナッシュ。1994年ノーベル経済学賞を受賞 ...

 
 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード