プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

突然来た! 著作権違反による記事の凍結(とTPP)

2016/08/31(Wed) Category : TPP
8/1にFC2事務局から、『JASRAC様よりDMCAによる著作権違反の連絡が届いておりますので該当記事を凍結いたしました。』とのメールが送られてきました。

突然のことでビックリ!

JASRACとは、日本音楽著作権協会。
DMCAとは、デジタルミレニアム著作権法(米国著作権法)。

みると、歌詞掲載の記事が「凍結」されていました。
凍結とは、googleの検索結果から削除され、直接URLを打ち込んで検索すると『このページの表示は許可されていません』となることです。

そして、次のように表示されます。
『このブログは下記の理由などにより凍結されています。
・規約上の違反があった。
・多数のユーザーに迷惑をかける行為を行った。』

「烙印」を押されました。
たまたまそこを見られた方は、その文言から私に対する印象を持つこともあろうと思います。また、このやり方はスケープゴートを作って人を萎縮させる効果もあると思いますので、行動の自由さに微妙な影響も与えるでしょう。

(その記事にコメントをいただいた皆様にも申し訳ありませんでした。ググってみるとコメント欄に歌詞が書かれている場合もアウトのようですね~。替え歌でもアウトだったケースもあったようで、それはやり過ぎだろうと思います)


その上、「記事の管理」画面からその記事を修正しようとしても、「状態」欄が「凍結」となっていて、自分で修正も削除もできない状態になります。つまり、そのURLは上記の状態で残り続ける=一旦押された烙印は消えないわけですね。

自分が書いた記事なのに何もできないままに“そこにある”わけで、とてもイヤですね。いきなりこういう措置はないだろう、とも思いましたが、そういう手間もかけていられないのでしょう。

ただ、管理画面を自由に触られるわけですから、自分が知らない間に勝手に記事を変えられる可能性もあるんだなぁと慄然としました。



---------------------------------------------------------
さて、凍結された記事では、作詞者の思いとは別に、その歌詞がインナーチャイルドを表しているなぁと思うと、そこを紹介したくて掲載したり、中には歌詞そのものが素晴らしかったので、その歌詞を紹介するためだけに書いた記事もありました(--;)。

法的には著作権の侵害になるのでしょうが、心情的にはそれらの歌詞を応援しているわけで、なんだか残念な思いもあります。


著作権法違反というのはわかるんですが、著作権法自体のあり方に疑問がある昨今。特にTPP絡みの知財所有権はなにかと胡散臭いのでイヤな感じがしますが、何よりイヤなのは、米国著作権法によって裁かれたということ。これって「刷り込み」だよね。

米国の法が日常の中にするりと入り込んできて、いつしか米国の法で規制されることに馴染んでくる―とても怖いことですが、TPPの“実効”が始まったような印象を受けます(現実は常に先行しますので)。

ちょっと脱線しますが、TPPとは簡単に言うと企業権力が国家主権より上に来るというトンデモ法律。だから、国民の代表である議員にさえ秘密に法内容が定められていますし、TPPが動き出せば企業は国を提訴して企業に都合がいいように法律を変えさせることもできるため、国が国民を守ることができなくなります。さらに、著作権違反の取り締まりと称して、ネット上の言論抑圧を大っぴらにやれるようになるようです。
実際、ウィキリークスは、TPPの条文29章のうち貿易関連は5章のみで、残りの章は大企業の国際活動を有利にするためのものと暴露しました。

【以上、「TPP、実はアメリカでも反対運動が激しくなっている」より】



---------------------------------------------------------
私が著作権というものに疑問を持ち始めたのは、MAD動画(二次創作物)が著作権違反で削除されているのを見た時。歌に合わせてアニメを組み合わせて動画が創られていたのですが、始めて見た時はその歌詞をよく表していて「おぉ凄いな!」と思ったものです。

そして、こういう遊びから日本人の創造性がどんどん開発されていくだろうとも思いました。それが、(こういう言い方が好きな人にわかりやすく言えば)「国力のアップ」に繋がるでしょう(でも、TPP推進派にとっては「国」という形自体が邪魔ですから、そこはどうでもいいのでしょう)。

「学ぶ」は「真似ぶ」からきていますし、既存の創作物を組み合わせて二次創作物を創るのも創作でしょう。だから、MAD動画が削除されているのを見て、とても残念に思ったわけです。


以前下記のような記事を書きました。
クリエイティブ・コモンズ(CC)で本当の自由を拡大しよう

全権保持と全権放棄の両極しかなかったのが、クリエイティブ・コモンズというライセンスの登場によって、たとえば私が撮った写真の場合、「作品のクレジット(出所)を表示してくれれば、営利目的利用も許可、作品の翻案・改編も許可」ということになっています。(皆さんも是非、クリエイティブ・コモンズをご利用ください)

その結果、「イラストの素材に使わせていただきました」というメールをいただいたりして、とても嬉しかった。


自分の本の著作権も上記のような形にできないかなぁと思っていますが、出版社も絡む話で、この問題を深掘りしていないまま日々流れていますが、そのうち取り組むことになるのかもしれません。



----------------------------------------------------
なお、凍結記事以外にも歌詞が掲載されていながら対象になっていなかったものもあり、その選定基準に不可解なものがありましたが、ともあれ、再掲載やリンクの張り直しなどの対応はすんでおります(なかなかに大変でした)。

また、現在369曲ある掲載歌を見直しました。
(たまたまですが、ミロクですね~)





関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード