プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

10.貴船神社・結社―「花は桜木 人は武士」で一休さんが言いたかったこと

2016/10/31(Mon) Category : 神社・寺・城・歴史
【京の奥座敷巡り旅】10 <松本いはほの句碑~⑤>

桂、楓、落花生、葛、藤、桜・・・いろいろな植物が瀬織津姫を象徴しているんだなぁとわかってきました。となると気になる言葉が出てきます。

「花は桜木 人は武士」

このフレーズは切り取られて、戦時中のプロパガンダに使われましたが、これを詠んだのは一休さん。あの一休さんが散り際の潔さだけを謳うとは思えませんでした。

一休宗純
【紙本淡彩一休和尚像】

切り取られた言葉はかように一人歩きするものですが、常に時代背景とその人の立場、また前後の文脈を把握することが大切です。とはいえ、一休宗純(1394-1481)についても、室町時代についても詳しくありませんので、直感的に感じたことを書きます。



一休さんの時代背景-------------------------------------------

一休が誕生したのは、アマテル&瀬織津姫の二柱が封じられ、藤原神道が平安京という形を得てスタートしてから600年が経過した頃―南北朝対立が終わった室町時代の後期、戦国時代に突入していく頃です。

白川天皇の時代に植えられた、ここ貴船の「連理の杉」が樹齢300年ほどになっているときでしょうか。神仏習合の形で、二柱も様々な形で復活していたでしょう。

さて、その武家社会の扉を開けた白河天皇の院政期の頃から、貴族の間に爆発的な小袖ブームが訪れたそう。袿(うちぎ)の下に豪華な小袖を何重にもまとうことが流行したそうで、たびたび禁止令が出るくらい。これは藤原権力の低下と、それに伴うストレスの解放現象、あるいは貴族社会最後の徒花だったのかもしれません。
院政時代の公家女子、三ツ小袖に細長姿

しかし、武士の世になると経済的な理由などから小袖と袴の上に単(ひとえ)と袿一枚を羽織った状態が正装となっていきます(小袖が下着ではなくなる)。
武家上層部では、小袖の上に数枚の袿を羽織った状態が正装とされていきます。
姫路城の千姫人形

そして応仁の乱後の戦乱の世になると、袖が大きく袖口も開いている袿は時代に合わなくなり、武家女性は袿を着用しなくなり、公家女性も小袖に袴で正装となっていきました。
つまり、流れとしては質素な方向へと社会は舵を切ったわけです。
このことを念頭に一休さんが次の句で何を言いたかったのかを見てみましょう。

「花は桜木 人は武士 柱は檜 魚は鯛 小袖はもみじ 花はみよしの」



<花は桜木>------------------------

―「桜」ではなく「桜木」と、“花”ではなく“木全体”を言っています。
一休は、桜の花ではなく、「佐座木」(さくらぎ)=「佐の神の坐す木」=瀬織津姫の化身としての「木」そのものを言っているわけです。
ここで言う「花」とは植物の花ではなく、松本いはほが「葛の花」(国栖人の女神)と詠んだように、「女神」のことを言っているのでしょう。つまり、
「花は桜木」とは、「女神は佐の神」=「女神は瀬織津姫」
と瀬織津姫そのものを讃えているのでしょう。



<人は武士>------------------------

―「平家にあらずんば人にあらず」という言葉を下敷きにしているでしょう。一休が思ったのは、「藤原にあらずんば人にあらず」とでも言うかのように全盛を謳歌し、いにしえの神まで封印するという権力を振るった藤原(貴族)へのアンチテーゼ。そして、その消された縄文の神を形を変えて旗印に掲げた武士への全面肯定でしょう。



<柱は檜>------------------------

桧(ヒノキ)は古くは真木(まき)の一つ。
「真木立つ山」は、杉や檜などの真木が茂っている山。
典型的な陰樹の特性を持ち、幼樹は日当たりを嫌う一方、乾燥を好むので、スギを谷側にヒノキを尾根側に植えるそうです。
ヒノキ科ヒノキ属のヒノキは日本と台湾のみですので、中国で「桧」はビャクシン属を言い、たとえばイブキという木は炎のような枝振りになり、海沿いの神社や寺にも古来より植えられていて天然記念物になっているものもあるそう。

桧は、日本では最高品質の建材とされ、寺院・神社の建築には必須で、法隆寺は世界最古の木造建築物として今日までその姿を保っているほか、奈良県内に存在する歴史的建築物はいずれもヒノキを建材としたことによって現存するといって過言ではないとのこと。

桧の皮を使った檜皮葺(ひわだぶき)は世界に類を見ない日本独自の屋根工法で、軒先を厚く見せて重厚感をかもし出し、軽快で優美な屋根の曲線を作ることができるので、天皇の私邸である紫宸殿や清涼殿が檜皮葺で作られているそうです。

語源は、陰樹の特性を持つところから、「日の木」よりも「霊の木」の方がありそうな気がします。また、漢字の「會」には「夫婦になる」という意味があるようです。

こう見てきますと、真木と呼ばれる椙(杉)・檜(桧)は、杉が国常立神で桧が瀬織津姫ですね~。天皇の私邸も瀬織津姫に守られ、女性を包む十二単も、家を守る檜皮葺の模倣から来ているのかもしれませんね。

さらに、ここで一休さんが「柱」と言っているのは、建物の柱のことだけではなく、「神」のことも懸けているのでしょう。つまり、冒頭で述べた「女神」という限定を除いて、「神は瀬織津姫」=全ての神の中で瀬織津姫が一番、と言っているわけです。



<魚は鯛>------------------------

「周」は、古代の中国では扁平(ひらたいこと)を意味する語。それをタ(平たい)イ(魚:イオ)、あるいは平魚(タイラヲ)に当てたという説があります。
また、「周」は(田の中に米がいっぱい行き渡る。行き届く。あまねし。まわり)で、「周」の中に「田」=雷神が隠れているわけですね。
これに魚偏を加えることで、鯛(すみずみまで調和がとれている魚)となります。

「タイラギ」(平貝)という平たい貝があります。
いずれ書きますが、タイラギは龍の爪もしくは鱗の一片とも言えそうな平ぺったい三角錐型をしています。焦げ茶っぽい貝なのですが、金赤青白(白はフジツボ)などが混じり(つまり、瀬織津姫カラー満載)、その上有鱗型と無鱗型の2種ありますから、二柱を表す貝なのです。

垂直(国常立神)に対して水平が瀬織津姫ですから、「タイラギ」同様「タイラヲ」も瀬織津姫を表してると思われます。



<小袖はもみじ>------------------------

上記時代背景の中で、貴族を象徴する袿(うちぎ)はすでに眼中にないことを、「小袖は」と書き出すことで暗に示しているようです。さらに、その小袖の柄の中でも、「もみじ」が最高と言っているわけですね。モミジと言えば瀬織津姫でしたね。



<花はみよしの>------------------------

さて、上記を見ますと、一休さんはそうとはわからないように、でも全力で瀬織津押しですね。
けれど、花の名を挙げていません。冒頭に挙げた「花」は女神のことであって、植物の「花」のことはまだ書いていませんが、どうしても書きたい。ならば隠そう―「秘すれば花」です。

この花の名を挙げてしまえば、もはや大ヒントになってわかってしまうかもしれない。なので書けなかった花。その花とは? 
そう、「佐の方の花」と言えば「藤」しかありません。
古語で書けば「藟」もしくは「葛」です。

つまり、「吉野葛」―まさに、ここ貴船・中宮の松本いはほの句碑に出てきた花―「葛の花」(ふじのはな)だったのではないでしょうか。


さて、完成形を書いてみましょう。

花は桜木 人は武士
柱は檜 魚は鯛
小袖はもみじ
花はみよしの藟の花




-----------------------------------------------------------
藤は藟、葛で、藤も桜も瀬織津姫とわかったときに、一休さんの句の内容がわかりました。

一休さんも瀬織津姫の復活を願っていたんですね~。
それにしても、二神教の大切さを織り込みつつ(會→夫婦になる)、そのすべてにおいて瀬織津姫賛歌をしており、しかも「佐の方の座(くら)」で始まり、「佐の方の花」で締めくくるわけですから、どっぷり瀬織津姫でしょう。日本人が女神アマテラスを受け入れたのも、既に女神瀬織津姫を讃える土壌があったからですね。

それから、500年が経ちましたよ。

そして、「君の名は。」という映画では、ついに国常立神と瀬織津姫は出逢い、救いが訪れます。






【笹川美和 「女神」】








ところで・・・なんとなく 似てない?

忌野清志郎

記事は→こちら!




関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード