プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

22.鞍馬寺:陰陽合一命の賛歌の参道

2016/11/17(Thu) Category : 神社・寺・城・歴史
【京の奥座敷巡り旅】22

九十九折参道を下る----------------------------------------------

九十九折参道
鞍馬寺36 九十九折参道
鞍馬寺36 九十九折参道 posted by (C)Hide

貞明皇后御休息所(昭和天皇のお母さん)
鞍馬寺37 貞明皇后御休息所
鞍馬寺37 貞明皇后御休息所 posted by (C)Hide

中門が見えてきました
鞍馬寺38 中門
鞍馬寺38 中門 posted by (C)Hide




天の架け橋―双福橋---------------------------------------------

そこを過ぎると見えてくるのが丹塗りの橋。
鞍馬寺40 玉杉大黒天と玉杉恵比寿尊を結ぶ双福橋
鞍馬寺40 玉杉大黒天と玉杉恵比寿尊を結ぶ双福橋 posted by (C)Hide

玉杉大黒天と玉杉恵比寿尊を結ぶ橋。
大黒天と恵比寿もアマテルと瀬織津姫を仮託した姿ですから、双福橋はいわば牽牛と織姫を結ぶ天の架け橋ですね。

ところで、両柱ににわざわざ「玉杉」をつけています。玉は「玉兎」や「玉姫」など瀬織津姫を表し、椙(杉)はアマテルですから、「玉杉」ということで二柱合体の姿を現していますね。


*「玉杉」と名付けられた樹齢1500年の御神木もあるんですね~。
山五十川の玉杉(国の天然記念物)

500年頃というと継体天皇の時代。これまた列島の大きな政治的変動のさなかに誕生した木ですね。豪族、貴族、武士、軍、民主・・・と政治体制は変遷し、祀る神々も様々に変わっていきましたが、政治も宗教も人間が自然を模してなしているもの。その自然は変わる事無く、そこに立っているわけです。「玉杉」は何を思うのでしょうか。




【余談】杉玉(酒林)---------------------------------------------

スギの葉を集めて球状にしたものを「杉玉」と言いますが、杉玉も二柱合体の姿かもしれません。この杉玉も初々しい緑色から、枯れて黄金色に変わっていきます。つまり、碧の瀬織津姫も、黄金の国常立神も表しているわけです。面白いですね~。

杉玉(碧)

杉玉(黄金)
【いずれも写真ACから】



金剛床を立体化した「いのちの像」----------------------------------

さらに行くと「いのちの像」が建っています。
鞍馬寺41 海・山・光輪を表す「いのちの像」
鞍馬寺41 海・山・光輪を表す「いのちの像」 posted by (C)Hide

海とそびえる山、そして光輪を表しています。
聖徳太子が尊ばれた仏・法・僧の三宝を表現しているのでしょうか。

「三」という数字は瀬織津姫を思い出しますね。
鞍馬寺は二柱合体の暗示が至る所にあるお寺ですからね。
金精様を瀬織津姫が囲んでいるようにも見えます。

陰陽合一
まさに「いのち」が溢れる根本ですね。

これが、あの金剛床を立体化したデザインに見えます。

下記に鞍馬寺貫主 信樂香仁氏の「いのちの環」という言葉が載っています。自然との循環がなければ、人類の存続はあり得ません。
「いのちの環」


・・そういえば、いたね金精大明神↓
多賀神社16 金精様
多賀神社16 金精様 posted by (C)Hide
【宇和島心の旅8.多賀神社~性の博物館―凸凹神堂(宇和島)】




「楓の古木」が見せる生きる姿勢-----------------------------------

木の幹の中に根!

鞍馬寺42 木の幹の中に根!(楓の古木)
鞍馬寺42 木の幹の中に根!(楓の古木) posted by (C)Hide

そういえば、黄船側から登ってくるときにも、まるで一輪挿しのようになっている木がありましたね。
自らは朽ちながらも、その中で新たな命を守り育てている―そのようにありたいものです。



この古木の地点から、おりてきた道を振り返ると、
ここから登って行く人は、
ここで命を守り慈しむ老人の姿を見、
男女合一して命を生み出し、
男女が手を取り合って、
九十九折りの坂を登っていく―そういう行程なんだなぁと感じました。

それを成すために
最大の障害は一切合切を破壊する戦争。

古木の脇にある「平和への祈り」の看板がしみます。





関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード