プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

31.狸谷山不動院:黄昏時の「雰囲気」のある参道と本殿のビッグオーブ

2016/11/30(Wed) Category : 神社・寺・城・歴史
【京の奥座敷巡り旅】31

それでは、白龍弁財天から始まり、本殿までの道を歩いてみましょう。
黄昏時でしたので、とても怪しげな雰囲気がある道々でした。
摂社については、「興味深い摂社」をご参考に。





懸崖造りの本殿----------------------------------------------

つきました。本殿。
清水寺と同じ懸崖造り(けんがいづくり)。
三相一葉の屋根のようです。
屋根のてっぺんを見ると鬼板の上に大棟(おおむね)が3本飛び出していますから、やはりここは「三」の瀬織津姫なのでしょう。

狸谷山不動院04 本堂 懸崖造り
狸谷山不動院04 本堂 懸崖造り posted by (C)Hide


正面から女神も見ていますね。

狸谷山不動院05
狸谷山不動院05 posted by (C)Hide




濃いオーブ! 狸谷山不動院の主?------------------------------

さて、皆様わかりましたでしょうか。
上記本殿の写真。うっすらと見えます。

その明度を調整した写真が下記↓

狸谷山不動院 オーブ1
狸谷山不動院 オーブ1 posted by (C)Hide


額の前になんかいますね~。
その後、望遠で吊灯籠を撮りました。
あの模様、単なる玉模様かと思いきや意匠の違う花柄。十字の各コーナーに4つづつ。中央のマークも八角形。「八」といえば瀬織津姫を思い出すなぁ、と思いつつ。

狸谷山不動院 吊灯籠
狸谷山不動院 吊灯籠 posted by (C)Hide


そのすぐ後に、額の写真を撮ったのがこちら↓

狸谷山不動院 オーブ2
狸谷山不動院 オーブ2 posted by (C)Hide

びっくりしました。

巨大です。
しかも、こんなに濃く写ったのは初めて。

それに、場所移動してるし・・・




貴船川床
貴船神社
鞍馬寺
そして、狸谷山不動院

そのすべてにオーブがいましたね~。





関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード