プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

オーブが写ってた!―神社・仏閣編

2017/01/29(Sun) Category : 宇宙・スピリチュアル
あれからオーブが気になって、昔の写真をちょいと振り返ってみました。

逆光で写っているものは、レンズフレア(ゴースト)やレンズについた塵や水滴などがそのように見えているのもあるのでしょう。けれど逆光でもないのに写っていたり、暗い場所を写して明度を上げたらそこに写っていたりするのは光の乱反射的なものでは説明がつきません。それらを含めて幾つか写真を拾ってみました。

まずは、神社仏閣などの観光地から見てみましょう。

玉泉洞-------------------------------------------------

まず、2007年11月に行った沖縄の玉泉洞。
入洞してすぐに撮った元画像がこちら。何も写ってません。
2007.11 玉泉洞1(元画像)

はいこれは失敗、と思って捨てるところですが、今は明度を上げるということができますからね、やってみると・・・あやや、なんかいる。
2007.11 玉泉洞1(オーブ)


続いてこれらの写真も、暗い写真なんですが
2007.11 玉泉洞2(元画像)

2007.11 玉泉洞3(元画像)


それぞれ明度を上げると・・・いたね。
2007.11 玉泉洞2(オーブ)

2007.11 玉泉洞3(オーブ)


こちらは元画像にそのまま写ってました。
2007.11 玉泉洞4(元画像)

ちなみに明度アップの写真がこちら。
2007.11 玉泉洞4(オーブ)


最後の方の滝の奥まったところにも居ました。
2007.11 玉泉洞5(元画像)

2007.11 玉泉洞5(オーブ)




首里城-------------------------------------------------------

はい、こちらは首里城の中。王の玉座ですね。
2007.11 首里城(元画像)

明度を上げると、おや~沢山居ましたね~。すごい。
2007.11 首里城(オーブ)



千葉神社-------------------------------------------------------

こちらは2011年の正月に千葉神社に初詣でしたときの写真。
2011.1 千葉神社1(元写真)

2011.1 千葉神社2(元写真)


なんですか、この降るようなオーブ!
2011.1 千葉神社1

強く光っているのもありますね。
2011.1 千葉神社2



大仙院-------------------------------------------------------

下記2枚は続けて撮った写真ですが、その内1枚に写っていました。
2011.09 大仙院1

2011.09 大仙院2

こちらもそうですね↓
2011.09 大仙院3

2011.09 大仙院4




大仙陵古墳---------------------------------------------------

しとしと雨降る大仙陵古墳。その水堀にいた白鳥があまりに美しいので撮った写真。その1枚に写ってました。

2011.9 大仙陵古墳1

2011.9 大仙陵古墳2




高千穂峡-----------------------------------------------

これはすごい! 
写ってたのはこの2枚だけ。
神気が満ちている感じ。流石パワースポット!

2012.11 高千穂峡1

2012.11 高千穂峡2




出雲大社-----------------------------------------------------

夜の神楽殿―何も写ってないよね~。
2013.5 出雲大社1(元写真)

でも、明度を上げると・・・ほら~。
2013.5 出雲大社1


こちらも・・・
2013.5 出雲大社2(元写真)

いた!
2013.5 出雲大社2




鋸山日本寺 千五百羅漢道-------------------------------------

枝の所に居ますね。
2013.10 鋸山日本寺 千五百羅漢道1

その部分を明度アップして切り取ったのがこちら。
2013.10 鋸山日本寺 千五百羅漢道2


これは不思議でした↓
元画像そのままなのに、まず仏像が浮き出て見えます(輪郭がくっきりしてるので)。そのど真ん中に白くまん丸く切り取られたようにくっきりと・・・
2013.10 鋸山日本寺 千五百羅漢道3

まるで光球
2013.10 鋸山日本寺 千五百羅漢道4

その前後の写真にはまったくないので、いまだに謎




久能山東照宮-----------------------------------------------

これも写ってませんが
2015.11 久能山東照宮1(元画像)

明度を上げると左下に大きなのが
2015.11 久能山東照宮1

こちらは逆光なので
2015.11 久能山東照宮2(元画像)

レンズの汚れの反映もあると思いますが、そうじゃなさそうなのも
2015.11 久能山東照宮2




妙法院門跡-----------------------------------------------

こちらは京都旅行したときに通りすがりに撮った1枚
2015.12.4 1219 妙法院門跡1(元画像)

明度アップすると↓
2015.12.4 1219 妙法院門跡1




大谷本廟-------------------------------------------------

門との構図を撮りたかった写真。
2015.12.4 1232 大谷本廟1(元画像)

明度を上げると・・まぁ、このうちどれがオーブかわかりませんが。
2015.12.4 1232 大谷本廟1


こちらは、はっきりとフレアが映ってますね。
2015.12.4 1232 大谷本廟2(元画像)

明度を上げると・・・
2015.12.4 1232 大谷本廟2




知恩院-----------------------------------------------

山門からの景色が見事だったのですが、
2015.12.4 1537 知恩院1(元画像)

明度を上げてビックリ玉手箱!
2015.12.4 1537 知恩院1

柱にアメーバのように張り付いているのは、一体何?!
2015.12.4 1537 知恩院1(拡大)


--------------------------------------------------------
閉館時刻も近づいていたせいか、登っていくと人気も少なく、静けさの中紅葉が美しいので撮りまくり。光の美に囲まれて幸せでした。

その1枚に、元画像にそのまま写っていました↓
2015.12.4 1559 知恩院2(元画像)

美しい・・・
空中に浮いている宝石のよう。

拡大してみてビックリ!
年輪があるあの帯付きオーブじゃないですか!!

2015.12.4 1559 知恩院2(拡大)

明度を上げてみてほんとビックリ! ほかにもいる!
2015.12.4 1559 知恩院2

え~、これ2015年12月の知恩院(京都)だよ。
このオーブに気づいたの2016年12月の石山寺(大津)だよ。

ずっと見てくれてたんだ・・・と、思うと何だか嬉しい。



--------------------------------------------------------
夕方が近いし、黒くて失敗写真
2015.12.4 1629 知恩院3(元画像)

ちなみに明度を上げてみると・・・
2015.12.4 1629 知恩院3


日がとっぷり暮れました。夜間拝観の後ですね。
2015.12.4 1758 知恩院4(元画像)

明度上げると居ましたね。
2015.12.4 1758 知恩院4




鞍馬寺-----------------------------------------------

中ががらんどうになっている倒木が面白くて撮った写真。
2016.7 鞍馬寺1(元画像)

明度を上げると、いた。(動いているところですね)
2016.7 鞍馬寺1(オーブ)

こちらに止まっているのが、かすかに見えます。
(止まっているときは透明度が上がり、動いているときは白っぽくなるのかな?)

2016.7 鞍馬寺2(オーブ)




貴船神社・奥の院--------------------------------------

こちらは、ニョロニョロ出てきた金トカゲを触った後に撮った写真。
フレアもあるでしょうが、何だか沢山が躍動しているように見えますね。

2016.7 貴船神社奥宮(元画像)




狸谷山不動院-------------------------------------------

夕方、火祭りの始まる直前に本堂にたどり着いて見上げた写真。
2016.7 狸谷山不動院1(元画像)

明度を上げると写ってました。
2016.7 狸谷山不動院1(オーブ)


この後、灯籠を望遠で撮り、
2016.7 狸谷山不動院2(元画像)

引き続き変額を撮ったのですが、それ見てビックリ!
2016.7 狸谷山不動院3(元画像)

先ほどの写真で扁額の前に居たオーブだよね。動いているから白っぽく写っているのでしょう。




伏見稲荷大社-------------------------------------------

空気の澄んだ眩い朝です。前を歩く男性の頭と肩の所に居るオーブは年輪がありますね~。
2015.12 伏見稲荷大社01


千本鳥居
2015.12 伏見稲荷大社02(元画像)

その一部を切り取りました。美しいオーブが居ます。
2015.12 伏見稲荷大社02(拡大)


山中にあった社
2015.12 伏見稲荷大社03(元画像)

明度を上げると、いました。
2015.12 伏見稲荷大社03


谺が池のほとり―白鬚大神です。
2015.12 伏見稲荷大社04(元画像)

明度を上げると、祠の中に。
2015.12 伏見稲荷大社04


こちらはもろフレア(ゴースト)だらけですが、
2015.12 伏見稲荷大社05(元画像)

この中にも居るのかも
2015.12 伏見稲荷大社05


こちらも正面から光りですが、
2015.12 伏見稲荷大社06(元画像)

元画像を切り取るとあちこちにうっすらと居ますね。
2015.12 伏見稲荷大社06


こちらは
2015.12 伏見稲荷大社07(元画像)

下に連なるオーブが、まるでS字を描いているようで綺麗。
(まるで後ろの紙に合わせているみたい)
2015.12 伏見稲荷大社07


こちらは
2015.12 伏見稲荷大社08(元画像)

一部切り取ってみると、上下の対角に帯付きのオーブが
2015.12 伏見稲荷大社08


さて、人気のないとある頂上でふと向かいを見ると階段の上に猫ちゃん発見!白菊大神の鳥居の下に居ました。

2015.12 伏見稲荷大社09(元画像)

こちらを見つけてかわいい声で鳴きながら階段を降りてきました。
なかなかハンサム。
2015.12 伏見稲荷大社09-2(元画像)

近寄ってきましたが、なつかれてもなぁなどとこの時は思って触らず。
けれどついてくるよね。そこで撮った写真。
2015.12 伏見稲荷大社09-3(元画像)

明度を上げると↓
2015.12 伏見稲荷大社09-3

印象深い猫でした。




東福寺--------------------------------------------------

紅葉の名所・東福寺で小川をパチリ。
2015.12 東福寺01(元画像)

明度を上げると、居た!↓
2015.12 東福寺01


こちらも
2015.12 東福寺02(元画像)

木の所に居るオーブは、帯付きのように見えますね。
2015.12 東福寺02


こちらも
2015.12 東福寺03(元画像)

明度を上げると沢山居ます。
家根の所に見えるオーブが帯びつきのように見えます。
2015.12 東福寺03





清水寺--------------------------------------------------

はい、前も登場した清水寺。
なんでもない夜景に見えますが・・・
2015.12.4 1839 清水寺(元画像)

明度を上げてビックリ!!
出た! UFO!!
2015.12.4 1839 清水寺

オーブっぽいのは、レンズの汚れの可能性もありますが、山門の上空に浮かんでいるのはUFOでしょうね~。




●おまけ--------------------------------------------------

これもUFO?
いつかの帰り道―電車の中からふと見えた光景。
当時持っていたデジカメで思わずシャッター。

2015.05 UFO? 01

2015.05 UFO? 02



-----------------------------------------------------------
以降、随時追記していこうかと思ってます。

ところで、神社仏閣などのパワースポットだけに居ると思いきや、日常の中にも居るんですね~。

それは、続きをご覧ください。









関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

どう見てもレンズの汚れ・曇りによるものですね

暗い場所で写したので光の乱反射などありえない、とのことですが、暗い場所でも汚れ曇りによるぼやけは起こります。


とはいえ、私は大事なのはそこに映ったものから何を感じ取ったかだと思っています。
霊現象なども、実際に起こっているか起こっていないかなどはどうでもよいのです。
本人がそこからどんなメッセージを受け取ったか。どのようなセンスを感じ取ったかが重要であり、肝腎なものなのです。(芸術などが代表的な例ですね。)

なんでもかんでも霊現象で説明してしまうこと以上に、人の感覚やセンスをないがしろにしてしまうことは危険なのだと実感します。

大事なのは、人の気持ちや感覚だと感じます。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード