プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

石山寺を歩く4―参道~天平の池・くぐり岩・手水舎で睨む不動

2017/02/17(Fri) Category : 神社・寺・城・歴史
【石山寺を歩く】

参道-----------------------------------------------

蒼空に参道が気持ちよく延びています。

石山寺12 参道


石山寺の由緒。聖武天皇勅願ですから、反藤原の拠点だったことがわかります。「朗澄大徳遊鬼境」でも見ましたが、藤原政権側から見ると「鬼の拠点」ですね。
石山寺13 由緒


「おおつ光ルくん」が3人(三相一体?)でお出迎え。
石山寺14 「おおつ光ルくん」


いい感じの苔に紅葉(緑に赤)。
石山寺15 いい感じの苔

石山寺16 いい感じの紅葉


あれに見えるが参拝受付。
石山寺17 参道




天平の池とくぐり岩---------------------------------------

天平時代(700年代)の池だそうです。すごいね。
「天平」と名付けた聖武の胸の内を思います。

石山寺18 天平の池

くぐり岩―「大理石」(結晶質石灰岩)でできているようです。石灰岩がマグマの熱を受けてできたもの。太古は海底だったんでしょうね。
石山寺19 くぐり岩

石山寺20 くぐり岩




手水舎---------------------------------------------------

天平の池の向こうに手水舎(ちょうずや)。
石山寺21 手水舎


龍の後ろには不動が控えています。
石山寺23 手水舎 青龍

石山寺22 手水舎 不動明王


正面から見ると、こんな感じ。
石山寺24 手水舎 龍と不動


不動も龍も瀬織津姫ですね。





関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード