プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

石山寺を歩く20-虹に見送られて

2017/03/23(Thu) Category : 神社・寺・城・歴史
【石山寺を歩く】

帰りの新幹線―


ふと空を見上げて
「お!天使達が飛んでる」と感じて、思わずシャッター

虹1

見送ってもらっているよう。
よく見ると、下に虹が立ってる

虹2

飛行機雲もまっすぐに伸びて美しい光景です

虹3


夕日を背にするハイウエイにもノスタルジー

虹4


遠く山の上に屹立する巨大な虹

虹5

虹6

虹7



もしや、と思って太陽の右を見たらありました。
写真ではわかりづらいですが、円を描いてたんだね~

虹8


雲と電線が旋律を奏でています。

虹9




----------------------------------------------------------
さて・・・中の一つにオーブが。
2人仲良く重なって。

虹7 オーブ








こうして直行直帰の石山寺日帰り旅は終わりました。
オーブに迎えられ、オーブに見送られた旅でした。

最初はレインボーオーブをはじめとするオーブ達に
最後は天使達と虹そのもの、そしてツインのオーブ

それが何であれ、勇気を与えてくれてありがとう。
頑張ろうと思えた―それが大事。


みんなもね、
一人じゃないよ。


ちゃんと見守ってもらってるんだよ。
それに恥じない生き方をすれば、同じような人との出逢いがある。


あのボートの2人が忘れられません。

2人で、どこまでも旅をしよう。
どこまでも、どこまでも。

人生というたった一度の旅を―











行ったのが昨年12月頭。
書き始めたのが2月上旬。
1ヶ月半にわたってお付き合いいただきました皆様、どうもありがとうございました。







関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード