プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

春の庭模様から見えてきたこと

2017/05/29(Mon) Category : 自然が教えてくれた
四君子の梅が時に雪をかぶって先鞭をつけ、
桜が列島を桜色に染め昇って春を告げ終わる頃、
先を競うかのようにいろんな植物が花をつけ始めます。

桜は、花々の花将軍のようです。
次々に生命が萌え上がっていく様は、見ていてウキウキしますね。

何やらわからないままに放置しておいたら見事な花になったり、
思いも寄らないところで生き延びていたり、
知らぬ間に勢力を拡大していたり、
あら、こんな所にこんな花が、という発見があったり・・・
毎日庭を見ていて飽きません。

植物って不思議ですね~。
癒やされます。

それに朝陽などの日に透かされた花弁や葉っぱが美しい。
「命」と「美」を感じることが、癒やしと力を与えてくれるようです。

世界盆栽大会が大盛況だったようですが、盆栽が世界的に流行っているのも頷けますね。

我が家の庭の春を彩った花々をご紹介します。
癒やしのひとときになれば幸い。





【追記】
というわけで、淡々とこのシリーズの記事を書いていたんですが、ネモフィラあたりから、あれ?なんで?と思い始めて、調べ始めると隠された水面下の動きが見えてきました。

ネモフィラで「なんで?」と思ったのは、「瑠璃唐草」という和名がネモフィラとオオイヌノフグリの2つに付いていたから。

そこから調べ始めると、なんとまぁ瀬織津姫植物抹殺の動きが見えてきました。と書くと大げさに聞こえますが、不都合な事実は消すのがハラスメント界の常識です。(←そうやって薄っぺらくなっていくんですが・・・結局は自分の首を絞めることになります)

でも、これは黙ってはいられないと思ったのは、桔梗(ききょう)の100年後の絶滅確率はほぼ100%ということを知ったから。それでいいのか安倍晴明!・・・いえ、逆です。「それでいいのか、現代日本人!」と桔梗紋を背負う安倍晴明に言われているようです。

なんでもない庭から、秘されてきた日本の歴史が見えてきました。
目を向ければ、事実はそこにあるんだなぁと思います。

私たちは、事実はそこに露わにあるのに、それを見ないように生きています。
まさに母親の真実の姿を見ようとせず、脚本人生を歩き続ける姿そのもの。

で、最初に戻ってイベリスから追記していますので、お読みいただければ幸いです。
全部に追記するかどうかわかりませんが、ガザニアの所まで行ったらカタバミ以降を書こうと思います。






<春の庭模様>------------------------------------------------------

01.イベリス(常盤薺)とナズナ(薺)
02.ペチュニア(衝羽根朝顔)
03.リンカーンヒース(エリカ)
04.チューリップ(鬱金香、ぼたんゆり)
05.オステオスペルマム(阿弗利加金盞花)
  【追記】金盞花と素盞雄(素戔男/素戔嗚)の秘密
06.マーガレット(木春菊)
07.大根の花
  【追記1】持統天皇が蕪(かぶ)を勧めた理由(蕪菁・蔓菁・鈴菜・菘)
  【追記2】2つの井戸と青と緑。「青丹よし」の意味すること。
  【追記3】大根(おほね)と大根占と神功皇后
  【追記4】大聖歓喜天と大根
  【追記5】福を包み汚れを払う大根(蘿・蔔・萊菔・清白)
08.こでまり(鈴懸)
  【追記1】藪から藪蕎麦
  【追記2】毬・毬藻・玉藻~玉散る魂
  【追記3】松毬(まつかさ)、松陰嚢(マツボックリ)、おふくろさん
  【追記4】毬打-三毬杖-左義長~ひだりぎっちょ
  【追記5】鈴懸草(長絹蔓)と衣装の「鈴懸」と「長絹」の関係
  【追記6】スズカケノキとはっぱ隊
09.チロリアンランプ(浮釣木、猩猩花)
  【追記】浮釣木、猩猩花、火口殻、雪中花
10.ガザニア(勲章菊)
11.ネモフィラ(瑠璃唐草)とオオイヌノフグリ
  【追記1】犬と瀬織津姫~イヌフグリ、イヌマキ、イヌグス
  【追記2】瀬織津姫と瓢箪
12.紫苑と姫紫苑、春紫菀と姫女菀
13.ポピー(長実雛芥子)と罌粟(ケシ)、そして絶滅寸前リシリヒナゲシ
14.シレネ(浜辺マンテマ)
  【追記1】河原撫子(大和撫子)は瀬織津姫
  【追記2】瀬織津姫復活の隠れた立役者―百済人・山上憶良
  【追記3】「瞿麦」(なでしこ)と「麦秋」
15.カタバミ(片喰、酢漿草)
16.常盤露草(野博多唐草)と露草(月草/鴨跖草)
17.ツルニチニチソウ(ツルギキョウ)と蔓桔梗
  【追記】絶滅確率100%の桔梗を救おう
18.スペアミントとハッカ(姫薄荷/目草)
  【追記】「蕃荷菜・人丹草・夜息花」~「赤白黄・三光・三貴子」
19.ローズマリーに迷迭香(マンネンロウ)を当てた理由
20.ソワレ(八重咲きニチニチソウ)
21.アズーロコンパクト(瑠璃蝶草)
22.「紀」「比止毛之」「祢木」「葱」―秘密満載ネギパワー
23.レモンはなぜ「檸檬」なのか?
24.八房下野
25.トレニア
26.レッドロビン(西洋紅要黐)



<春の庭模様:虫偏>------------------------------------------------------

01.ヤマトシジミ
02.ベニシジミ
03.アゲハ、キアゲハ、ジャノメ、モンシロ
04.蛾蝶、アブ、コガネムシ、ハナムグリ
05.ヒョウモンチョウとタテハチョウ
06.アカボシゴマダラ(赤星胡麻斑蝶)
07.ムギワラトンボ(麦藁蜻蛉)
 【追記】トンボ、秋津虫、秋津洲、蜻蛉紋、「たまかぎる」、ドラゴンフライ



<春夏の庭模様:かわいい妖精たち編>--------------------------------
01.桜編
02.浮釣木編
03.撫子編
04.ソワレ編
05.庭のあちこち
06.雨上がり編
07.色付編





関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

綺麗な花ですね~♪

今朝、北朝鮮のミサイルのニュースを見て 「も~北朝鮮いーかげんにしろよー(`ω´)」と思って なんとなく中尾先生のブログを覗きに来ちゃいました。すると「ブログが更新されてる!何かな何かな♪」「わ~、イベリスという花が咲いているんだね 綺麗だね~」と思って 和みました(^^)v そう思った瞬間、私の小さな頃の父との記憶の1つが浮かんできました。官舎の住まいのベランダで 父も花の鉢に水やりをしていたのですが 私が「何してるのー?」と うきうきしながら聞いていたことを思い出しました。私は やはり父も母も大好きなんだなと感じましたo(^o^)o 実の父や母ばかりでなく、夫の両親に対しても やっぱり好きかもと思えました。
この様な心境になれたのは 中尾先生と真智子先生のブログに出会えたからです。追い詰められてシンドイ時、ものすごく心のささえになりました!
中尾先生は父親モデルで 真智子先生は母親モデルです。ありがとうございます!!

そして、私は今までご先祖様を嫌っていましたが、中尾先生と真智子先生のブログまでたどりつけたのは ご先祖様が導いてくれていたのかも知れないと思ったので、ご先祖様にもありがとうございました! 今まで 憎まれ口たたいて ごめんなさいm(__)m

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード