プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

春の庭模様―2.ペチュニア

2017/05/30(Tue) Category : 自然が教えてくれた
【春の庭模様】

●ペチュニア(4月中旬~5月中旬)----------------------------------

やや遅れてイベリスの隣で咲き始めたのがペチュニア。
マザー牧場に行ったときに買ったものと思われます。清楚ですね。

ペチュニア01


木漏れ日の陰影が美しい。

ペチュニア02

ペチュニア03


ペチュニア06

ペチュニア07


開きかけた筒のような形も素敵ですねー

ペチュニア04



・・・会社員時代は花に興味はありませんでした。
実生活に関わりがない、そんな余裕はない感じ。

庭がある社宅のときも、妻任せ。
小さい頃、引っ越し先で荷ほどきもほどほどに母は庭の草むしりを始め、私も一緒に草むしりをしていたようです(あまり記憶にありませんが)。母が花好きなのは、草花をいじっているときは脳内母親とともにいるときだからで、私は「母の母」をやっていたわけです。まぁ、そういう影響もあるのでしょう。

2世帯同居をすることになった時、必須と思ったのが庭でした。
それは、父対策。当時の母はほぼ寝たきりで、一方の父は畑をずっと続けていました。父にとっても畑をやっているときが脳内母親とともにいるときで、そこが似たもの同士なのです。庭じゃ物足りないでしょうが、せめて庭でもなければ持たないと思いました。

物件の決め手はいろいろ書きましたが、実は、半年以上も放置されていた庭を見て何より喜んだのは私のチャイルドでした。そこに、小さな「野」があったからです。そして、桜の木。

けれど、大家さんがシルバー人材の方に垣根の剪定を頼んだらものの見事に丸裸。父も庭を丸裸の更地にし、人工的な畝に変わりました。なんだかガッカリ。

二世帯の生活も軌道に乗ってきて、父の“作物”は近くに借りた畑の方へ追い出し、ここを根城にしていた猫も来なくなり、3年かけて垣根も復活し、野の風情が戻ってきました。人の手が適当に入った野というのがいいですね~。毎朝変化があって見飽きません。


ペチュニア05






関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード