プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

春夏の庭模様(虫偏)―7.ムギワラトンボ(麦藁蜻蛉)

2017/09/11(Mon) Category : 自然が教えてくれた
【春の庭模様(虫偏)】

●ムギワラトンボ-----------------------------------------------

シオカラトンボのメスを、その色からムギワラトンボ(麦藁蜻蛉)と言います。

え?とんがり棒の先ではなく、地面?
変なところにいるなぁ、と思いつつ観察。
ムギワラトンボ 01 待機

こんなに近くなのに、こちらを気にもせず、
首をクリックリッと動かしつつ何かを見ている
ムギワラトンボ 02 離陸

パッと飛び立った先にいたのはヤマトシジミ。
組んずほぐれつの空中戦。
なんだか遊んでいるかのよう。

で、近くの低い枝に止まりました。
そう、丁度シジミが飛ぶ高さくらいの枝です。

シジミは、相変わらず何事もなかったかのように飛んでいます。
なんだったの、あれは?・・・

トンボ、またも頭をクリックリッと動かしています。
ムギワラトンボ 03 照準

と、パッと直進・・・次の枝に止まったときは―
あれ、なんか捕まえてる。

もしかして・・・
シジミ?

ムギワラトンボ 04 食中

わお、食べてる・・・
改めて、トンボって・・・肉食だよね~

最初は下から上を狙った。地面から20cmほど上、かつ80cm圏内くらいの近距離だった。が、はしこいシジミにかわされた。
次は、水平を狙った。かつ2mくらいの中距離だ。

なるほど・・・トンボは槍だね。
最初はチャンバラだったので、ヒラリと身をかわすチョウをいかんともしがたかったが、次はトンボの直進性能と素早さを最大に活かした作戦。シジミにしてみればいきなり飛んできた突き槍をかわす間もなかったわけだ。

一度の失敗で次は作戦を変えるあたり、トンボも凄いよね~。


で、別の枝へ―食後の顔
ムギワラトンボ 05 食後

わお、口拭いてる・・・
いやはや、凄いね。





そういえば、窓のすぐ上に雨樋があって、屋根や雨樋を数羽の鳥が歩く足音がし、見ていると、そこから桜の木や垣根に飛び移ったりしていますが、補食できる虫がいるんでしょう。毛虫は見かけないんですけどね~。

他にも、垣根の間に貼ったクモの巣に蛾がかかってバタバタしていたり、蟻が死んだミミズにたかっていたり―子供時代の懐かしい光景がここに再現されています。

そして、毎朝庭の片隅で寝ている猫。
引っ越し当初は猫にとっては私たちが闖入者で、2、3匹が庭を横切ったり、時折くさい糞をして縄張りを主張したりしていましたが、攻防の末来なくなり、やがて再び1匹が庭の片隅にある小さなポンプ室(地下水くみ上げ用の水道)の上に来るようになりました。

その猫は、来ないときは当分来ず、来るときは時折夜の間寝に来るだけで悪さはせず、朝になるとどこへともなく消えていきます。庭に糞をしないなら、別に追い出す必要もありません。猫がいれば、ネズミも来ないでしょう。つまり、境界を保ってうまく共存しているわけです。

あ~、ここには「ひふみよいむなやこと」が揃っているなぁ、と思いました(魚がいませんが)。

ひ 火
ふ 風
み 水
よ 土(世)
い 草
む 虫
な 魚 
や 鳥
こ 獣
と 人

小さな生態系がここにあります。






なんだか一休みの風情。羽根を止めたヘリコプターのよう。
ムギワラトンボ 06 一服


にしても、トンボの羽根模様は美しい。
ムギワラトンボ 07 美しい網目

芸術的ですね~
ムギワラトンボ 08 美しい網目


オーブもいました。
ムギワラトンボ 09 オーブ



ところで・・・
我が庭の主(シジミ)達はいつも3番(つがい)で6匹(どうも“頭”は家畜的イメージがするので、“匹”にしています)いたため、5匹に減ったか?―と思って数えてみると・・・10匹もいました!
賑やかですね~。んー、だから、トンボも来たのか・・。

庭に花がないと淋しく、花が咲くだけで華やかになりますが、
さらに蝶が舞っていると静の華やかさに動の生命力・躍動感が加わって、「生きた庭」になりますね。

それに、庭いじりしている手や足の間を平気ですり抜けていきますから、可愛いものです。毎日、朝から晩まで庭を飛び回っているシジミを見ることができるのは幸せです。


毎日この小さな世界を楽しそうに舞っているシジミを見ていると、もっといろんな花に出逢わせてやりたいなー、という思いがわいてきます。色とりどりの花があったら楽しいだろうなー、と。だから、ついついホームセンターに行くと買ってしまうんですね~。






ふと、あの「問い」を思い出しました。そう、これ↓

『今、雨が上がった。
大きな虹が出ている。
湿った土の匂い。

あなたは今ここにいる。

さぁ、この世界をどうしたい?
それをゼロから考え直せ。』



心のどこかにこの問いがあったのですが、まさにこの状況がその答えだ―そう思いました。

私は、自分の手が入った庭を見るのが落ち着くし、楽しい。
そして、生き物たちが伸び伸びと自由に振る舞っているのを見ることが嬉しい。猫が安心して寝ているのを見るのも嬉しい。

それに、日々変化しているので飽きることがない。
飽きないのは、そこに多様な生命がいるからだ。
そして、弱肉強食も含めてそこが調和しているからだ。

放っておいても生態系はできるだろうけど、例えば植物は伸び放題でスパゲティ状態になったりする。病気を放置すれば枯れていく。侵入動植物を放置すれば日本固有種が絶滅もする。日照りが続けばそれらも含めて全滅だ。だから、人が適切に手を加えることが大切だ。

金曜日の朝のNHKで大雨で氾濫した男鹿川の復興が紹介されていましたが、イワナやヤマメの復活を目指して全国から40名の釣り人のボランティアが集まり、倒木をどけたり、川の中に魚が生息しやすいように岩や砂利を入れたり、手作業で頑張っていました。

その方々の言葉が忘れられない。それは、自然は時に大氾濫し、それまでの景観や生態系をぶち壊すだろう。けれど、その都度その都度人の手で新たに生態系を育てていく―という内容のもの。  これだ!


この世界をどうしたいか?
豊かな生態系を作りたい。

そのために人間のすることは?

もう、答えは出ています。
人間は地球の「庭師」なのです。

それも、自然を活かす日本の庭師。
そして、生態系を復活し循環させる庭師。


だから、庭師的感覚の人を増やすことが地球を救うことになるでしょう。
そして、人が自律に向かうことは庭師的感覚の人が増えることになりますから、そう、このまま行こう―そう思ったことでした。







こんな本があったんですね~。早速購入。


「ガラスの地球を救え―二十一世紀の君たちへ」




【ガラスの地球を救え ユニコ特別編】


この手塚治虫のメッセージを歌にしたものもあったんですね~。
五味美保 「ガラスの地球」

素敵な歌でした。

どのような思いで歌になったのか、下記に記事がありました。
五味美保さん








関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード