プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

連鎖を絶つ時

2006/08/19(Sat) Category : 世代間連鎖
自分でも、何故そうなのか分からない感情が湧いてくる。
いわくいいがたい恐れや不安を独りで抱え込んでいるのはつらい。
人に話して理解してくれないと、それこそ孤独地獄で苦しむことになる。
自分でもよく説明がつかず、人も理解してくれない…これは、つらい。

昨日のカウンセリングも6時間を超えた。
長時間じっくりお話を伺うことのメリットは、深いレベルまで話しがいくことだ。

スパイラルを描くように、陽光届かない深海にたどり着く。
そして、気持ちのありかが分かってくる。

海底からマグマの蒸気がポコポコとわき上がってくるように、
感情の出所とありようが分かってくる

スッキリする。
ラクになる。
そして、自分以外の人が理解してくれるのが何より心強い。


浮上するとき、「怒り」が出てきた。
生まれてこの方50数年、封印してきた感情-。

「どう怒っていいのか分からない」
-そう言っていた人から「怒り」が出てきた!

感情に蓋をしていた分厚い岩盤に亀裂が入った。
感情のマグマが噴出してきた。
そう、もっと怒れ!

第一歩を踏み出した。
そして、慎重に冷静に急ぐ必要がある。




帰るとメールが来ていた。

こちらも、慎重に冷静に急ぐ必要がある内容だ。
両方とも、常に最悪の状況を考えつつ、限られた狭い選択肢の中で最善を尽くすしかないという綱渡り状況に突入している。

全く違う問題なのだが、その本質は同じだ。
数世代にわたる世代間連鎖を絶つ時なのだ。

連鎖を続けようとする慣性エネルギーは強大だ。
「業」となっている。

甘さはゆるされない。
禍根を残さず執着を絶つ。相手がこちらに執着を残さないように身を引く。それが鉄則だ。

譲ってはいけない点はただ一点。
大事にすべき人の心。

そして、救うべき人は、この期に及んでは明確に優先順位をつけなければならない。沈みゆくタイタニックから全員を救えるわけではない。

その心を救うことだけにフォーカスし、そして全体の状況の変化を常に把握し、公的機関を活用することによって公的エネルギーをかませ、細心の注意を払って時に大胆に進む。

決意と行動-それが、自分の人生を切り開く。




さて、今日は名古屋だ。



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード