プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


中尾相談室のカウンセリング概要
カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

大切な桜を腐らせ倒すキノコ(サルノコシカケ)に注意!

2018/08/19(Sun) Category : 自然が教えてくれた
6月中旬の朝、庭の桜の枝が折れているのに気づいてびっくり。

桜 折れた枝1


危険なので、すぐに植木の専門業者に連絡して見てもらったところ、コフキサルノコシカケが内部を腐らせたためとのこと。本当に驚きました。

桜 折れた枝2

キノコが生えているのは知っていましたが、素人の悲しさ―そういう類いは木には生えるものだと思っていました。それに、春まではそう目立っておらず、梅雨の数週間で急速に繁殖したようです。

改めて「コフキサルノコシカケ」をネットで調べたところ、『桜に危機、寿命縮めるキノコ繁殖』という記事がありました。『幹にできた傷から侵入して幹の内部を腐らせるため、空洞化が進み倒木を招く』とありました。

他にもこういう記事が↓
コフキサルノコシカケはややこしい

上記記事でも代々木公園の桜の老木の多くにこのキノコが生えていたことが書かれています。


実は、2014年に入居する際に大家さんに垣根の剪定をお願いしたところ、6月にシルバー人材の方が庭の桜の木まで剪定しています。
専門業者によれば、細菌の繁殖を抑えるため桜の剪定は11月~1月の休眠期に行うそうですが、それを6月に行ったこと、しかもそれが強剪定だったこと、及び剪定後に切り口に薬剤を塗る処置をしていなかったことからキノコが生えたのだろうとのことでした。
私も樹木のことを何も知らず、とても残念な思いでした。

(外国人が日本を魅力的に見、日本人に一目置いているのは自然との共生思想及びそれに基づく環境保全です。植物のこと、森と海の関係など、学校教育の必修にして欲しいなぁと、切に思います)






毎朝ラジオ体操に行っている公園の桜が気になりました。
今年の4月にも見事な花を咲かせてくれましたが、その頃の写真を見ても、そう目立ったキノコは見られません。

が、7月早々に見てみると、なんとキノコがびっしり。
公園の桜 02

やはり、夏場になって急速に勢力を拡大するんですね~。
根元だけではなく、太く別れた幹の部分にもはえています。

公園の桜 03


さらに、上の枝の方まではえています。

公園の桜 04

公園の桜 05

これらの枝は中が瞬く間に腐食されてき、いつ何時ボキッと折れるかわかりません。その時に、下で子供達が遊んでいたりしたら大変なことになるでしょう。



ちなみに、太い分かれ幹に触ってみるとボコボコしていましたので、指で押してみると簡単に穴が開いてしまいました。

公園の桜 06

公園の桜 07

これは危ない。


また、剪定された跡の幹にも、写真のような穴が開いていましたので、中に蟻などが巣を作っている可能性もあります。ここも放置すればボロボロになっていくでしょう。

公園の桜 08


樹木は適切に管理すれば、何百年も市民へ癒やしと活力を提供してくれる、とても貴重な生活インフラなので守らなければと思います。そこで、写真を添付し、公園を管理する公園緑地部の事務所宛てにメールを出しました。
(今はメールがあって、現状写真も付けて送れるので便利ですね~)

すると、早速対応してくれて、公園管理の協力への御礼と作業報告のメールをいただきました。
キノコの除去、腐食した枝の伐採・切り口の防腐処理を行ったこと。
3本に分かれた幹のうち1本は様子見ですが、休眠期に剪定&薬剤の塗布を行う可能性があるようです。

素早い対応がとてもありがたく、嬉しく思いました。





もう一つの懸念事項として、樹木の剪定をシルバー人材センターの方が行っている自治体があるということです。
・全国シルバー人材センター事業協会 剪定等

下手な伐採を行った時点で将来コストとリスクが発生するわけですから、樹木を適切に管理するために、仮にシルバー人材の方を利用される場合でも、植物の生態に関する適切な教育を受けた方が必ず指導する体制にして欲しい旨、お願いもしました。

幸いなことに、そちらは杞憂で、樹木の管理作業は市職員または造園業者により実施されているようです。ホッとしました。


市民と役所が協力して桜の木を守ることができたわけで、
とっても嬉しいですね^^



なお、最近の様子はこの通り↓
公園の桜 09

綺麗に削られていますね↑
(でも、蟻が巣を作っているようでしたので様子を見たいと思います)
キノコびっしりの枝も伐採されていました↓

公園の桜 10






【庭の桜に関する過去記事】
桜咲く―庭のしだれ桜復活! 2016/04/12
降る桜 2017/04/11
朝陽の中で 2017/04/17
舞い散る光 2017/04/18
かわいい妖精たち 1.桜編 2017/09/14




関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード