プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


中尾相談室のカウンセリング概要
カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「海獣の子供」感想

2019/06/29(Sat) Category : 映画
作品は、それを見た人が自分の中で完成させるもの―と監督が書かれていたように思います。映画というきっかけから、色んな思いも出てくるでしょう。
以下は、映画の解説ではなく、「海獣の子供」という体験をして感じた思いを綴ったものです。5日に分けて掲載させて頂きます。

<第1部>人が「霊止」になる「第二の誕生」の物語
・消えたジンベエが見せた真実
・「空」と「海」の実感が虚構を壊し始める
・「空」と「海」の使命~“霊止”を見つけること
・産道
・隕石は、扱われ方で自己を知る
・「誕生祭」は人が「霊止」になったことへの祝福


<第2部>脚本で生きるか、気持ちで生きるか―その堺の超え方
・虚構が現実に落とし込まれる
・加奈子と琉花の連鎖
・脚本人生に自分を落とし込むやり方
・脳内母親との「一人隠れんぼ」
・坂は境
・坂は、逆→解→離→栄の順で昇れ
・投影しないところから本当の関係性が築かれてく


<第3部>色彩でたどる加奈子の物語
・脳が色を見る見方
・脚本人生の周りは母親カラーで埋める
・加奈子が子宮としてこもる町
・父親・正明のカラー
・母親・加奈子の心象風景~嵐
・子供が嵐の中に居続ける理由
・自己洗脳後の世界にリアリティを付与する演出感情
・光に消えた黒い魚影と闇に躍り出た黒い魚影
・赤潮(表層+無意識第一層)と夜光虫(無意識第二層)
・白い化石のような古代鮫
・嫌悪する虫は親の投影
・片方の天国は片方の地獄
・真っ赤なカニの意味
・「空の椅子」に座っている人
・波に洗われる小さな岩


<第4部>カナコ線上のルカ
・「命をたつ音がした」
・カナコ線上のルカ


<第5部>自分の存在を確定するのは自分自身
・「見る」ことと「存在」
・1歳で虚構を現実化し始める
・虚無を避けるために作る「脳内母親」と「人生脚本」
・脚本を支えるストローク飢餓行動
・自分の存在を確定するのは自分自身
・ダークマターと無意識
・記憶・思考・感情の二重構造
















関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
QRコード
 
QRコード