プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

パワハラ管理職の実態―こうして部下は潰される

2005/10/19(Wed) Category : パワハラ(パワーハラスメント)
「管理職の性格3類型」の続き)

最近、職場でのモラルハラスメント→パワーハラスメント(パワハラ)が急速にクローズアップされている。
モラハラの最大の特徴は「相手を支配し、自分の思い通りに操る」ことにある(これも、なぜそういう性格になるのかという問題は置き、現象に注目する)。職場の場合は、上司という「権力」(パワー)を笠に着て相手を支配しようとするのでパワーハラスメントと言う。

さて、前回、エニアグラムも大雑把に言えば人を3区分していることを書いた。簡単に言えば、頭が勝っている人、気持ちで動く人、勘や感覚を大事にする人。要は、「思考」「感情」「本能」のうち、どれを働かせるのが得意かと言う個性の違いだが、支配の仕方にも3区分あるなぁ、と発見した。
先ずは、思考タイプの支配型を見てみよう。
以下は、私の実体験である。



「こういうことは事前に相談しろ!」
ある日すごい剣幕でその上司に怒鳴られた時、それは始まった。

後で判明するのだが、彼は徹底的に私をコントロールするつもりで、それを始めたのだった。
そうとは知らぬ私は、いきなりの出来事に戸惑い、次のときに、それまで自己裁量で動いていたことも一言言っておいた方が無難だと思って判断を仰いだ。すると、

「そんな話までいちいち俺にもってくるな。そんなこともお前は自分で判断できんのか!」
と怒られ、混乱に拍車がかかった。どこに自己裁量の基準があるのか?それが皆目わからないからだ。おまけに、続いて罵声を浴びせられた。

「それに、相手の状態をみて声をかけろ!自分が相談したい時に声をかけるのは手前勝手だ!お前は自分のことしか考えていないだろう!」
私はいつ話しかけていいのかも分からなくなり声をかけるのが遅くなった。何しろ、日がな一日同じ姿勢でパソコンに向かっているのである。すると、

「なぜもっと早く相談しなかったんだ。話をする時間ならいくらでもあるだろう!」
と、遅くなったことを責められる。 さらに、それほど考える余地のないことに

「一つの案だけじゃあていよく相手に押し付けているだけじゃないか。いろんな場合を想定しろ」
と言われて、用心のためにいくつかの案を用意すると、

「よけいなことは考えるな。それは、お前が考えることじゃない。でしゃばるな!」
と怒鳴られた。 あるとき、その上司が文句をつけたことに対して説明を行おうとすると、

「弁解するな。お前のために言ってるんだ。黙って聞け!」
と一蹴された。『突っ込まれたときの答えを全て用意しておかなければダメだ』と言っていたのは誰だ、と思いつつも、黙って怒られているしかなかった。



------------------------------------------------
つまり、
この件は相談すべきか否かに始まり、
いつ相談するか、
口で言うのか、文書にするのか、
文書にはどこまで書くのか、
聞かれた際にどこまでどう答えるか、
に至る相談事のすべての過程にわたって地雷が仕掛けてあった。しかもそれは避けようのない地雷であり、触れたが最後爆発するしかないものだった。

もっとも安全なのは“動かないこと”しかない。
段々と身動きが取れなくなり、いつからか、席に座ると、まだその上司が出社していないにもかかわらず、身体の全身の神経がピリピリと右隣の上司の席を警戒するようになっていた。





さて、このパワハラはどのような支配の仕方なのか。
そして、どのようにすればこの監獄から抜けられるのか。
解説は次回「パワハラにおけるダブルバインドの構造」にて。

お楽しみに?(^^;)


*尚、生々しい実態は「あきらめの壁をぶち破った人々」(日本経済新聞社)をお読みください! きっと救いになるでしょう。


関連記事
 
Comment1  |  Trackback1
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボビーマジックとパワハラ

どうもボビーと聞くと ボビーオレゴンが出てくるんですけど。。。 (Θ O Θ ナンタョ~ でもやっぱり、似ていないので、かなり封印気味 ボビーはボビーでもロッテの監督のボビーの話題を 今朝、TVでやってました。 指揮官として、 褒めて伸ばす。褒めて力を出させる ...

 
 
 

Comment

 

こんにちは

ハラスメントについて彷徨っていたら、こちらに辿り着いていました。
今回ブログを立ち上げ、ハラスメント自体はもちろんですが、ハラスメントに対する社会環境についても皆さんと情報交換したいと考えていますので、一度覗いて見て下さい。
先生の造詣の深さに、ただただ溜息です。
これからも我々苦しんでいる者に素晴らしい処方箋をお願いします。
来週は初めて会社側と「対決」の場を設けるので緊張でいっぱいですが、先生の言葉を参考にさせて頂きます。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード