プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

パニック障害を治す心得(3)-治癒のメカニズム

2006/02/11(Sat) Category : パニック障害克服記
■パニック障害 治癒のメカニズム
ここで見ましたように、パニック障害を治すためには、「不安→パニック発作」ハイウエイを「閉鎖」する必要があることがわかります。
「不安」感情伝達物質が「不安→パニック発作」ハイウエイを通れなければ、「パニック発作」というゴールにたどり着けない-つまり、発作は起こらないと言うことです。

では、どのようにしてそれを行うか。
それは、てんかんの治療が参考になります。

てんかん発作も、ある刺激が引き金となって発作につながる点でパニック発作と同じメカニズムです。 てんかんにも「刺激→てんかん発作」ハイウエイが脳内に存在しているとお考えください。

そのてんかん治療の定石は、「てんかんを起こさせないこと」。
パラドックスのように聞こえますが、その通りなんです。

薬を飲み続け、発作につながる神経回路(「刺激→てんかん発作」ハイウエイ)を薬で遮断し続けます。すると、ある興奮状態が起こっても、その感情伝達物質は「刺激→てんかん発作」ハイウエイを通ることができません。そこで、バイパス工事が始まります(シナプスは可塑性を持っています)。そのバイパス道路は、「てんかん発作」に直結していません。

そのバイパス道路が完成すると、感情伝達物質はハイウエイを無視して、そのバイパスを使うようになります。使われなくなった回路は消えていきますから、そのうちハイウエイは消えていくでしょう。
こうして、てんかんは治癒していきます。

これと同様に、パニック障害も、薬を飲み続けて「不安→パニック発作」ハイウエイを遮断し、その間にバイパス道路(新たな不安伝達の回路)が出来上がるようにすればよいわけです。


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード