プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

子供たちに残したいもの

2006/09/10(Sun) Category : 環境
妻はオフ会。
娘は帰省。
息子は学校祭の準備。

息抜きに自転車で遠出。


雲は、秋の雲じゃない。
風は、ぬるい。
蝉は鳴いてるし、キアゲハまで飛んでいる。
海に人はわんさかいるし、
波に散る陽光はぎらついている。
服の上から日差しが痛い…


一体、今はいつ??

夏は嫌いじゃないけど、短いから鮮烈に輝く。
冬の厳しい寒さを経験しなくなってから、もう少なくとも15年くらいはたつ気がする。

春や秋の風情がなくなってから5年くらいたつ気がする。
四季折々の日本は、雨季と乾季の2シーズンの風土に変わろうとしている。

もはや日本は亜熱帯。そう感じてからさえ3年くらいたつ。

地球全体のこれまでのホメオスタシス(平衡状態)が崩れたと明確に感じたのは、昨年。

鬩ぎ合っていた均衡が一度崩れると、あとは一挙に転がり落ちていく。やがて、加速度がついて人の力ではどうにもならなくなる……



『新幹線 名古屋行きちゃんと乗れた』

『無事乗り換えできた!!!!』

娘から携帯にメールが入る。
高校時代から旅していた身から見るとヤレヤレだが、かわいい。

そのかわいい子供たちに残してやりたいもの、それは変わらぬ自然だ。変わらぬ地域だ。

思想、文明、財産…?
一切不要。

そんなもの残したいと思わない。

ただ、残したいもの。それは、
きれいな、水と空気と土だ!


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード