プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「正直」がすべてを救う!(1-正直は救われる鍵)

2006/09/16(Sat) Category : 親の諸相
みのもんたの「ずばっと!」で、「“命が担保”の現場…多重債務者の現実」を見た。
たった4万円借りたのが返済額2600万円にもなる現実。

奥さんが言っていた。
「正直にすべてを話してくれたから、この問題は解決すると思った」
と。

奥さんの言う通り!!

正直に話すことにより、サポーターが現れる(←これが何より勇気を与える)。
腹が据わって隠れて解決しようとは思わなくなる。
公的機関の手を借りることができるようになる。
そして破産宣告(赤字倒産)を免れる。

「正直」が、我が身と家族を救うのだ。
正直が家族を立て直した。



逆に「公表された数字で社会は動く」でも書いたが、事実を正直に公表しなければ事態は動かない。


『マイナス情報も率直に公表すること。それが組織建て直しの時の要諦である。公表されることで人は逆に希望を持つ。なぜなら、公表するという行為によい方向へ向かうという意志と決意、そして見通しを感じるからだ。何より弱みが分かって対策を打つことができる。

逆に隠そうとすればするほど不安感が増大する。問題点が見えないから手の打ちようがないばかりか、対策へと向かうべきエネルギーが隠し事の追及などあらぬ方向へ向かうので、ますます組織は混乱の深みにはまっていく。

だから、隠し続けている間は組織は沈み続けると言ってよい。下手をすればそのまま水圧に耐え切れずに瓦解する。公表した時が底を打った時である。あとは、底を蹴って水面に向かえばよい。』
【「あきらめの壁をぶち破った人々」より】

これが私の信念だ。
ところが会社は「依らしむべし知らしむべからず」で隠そうとする。だから、会社側にどう有無を言わせず公表していくか策を練った。そして、何とか押さえることができ、立て直しに導くことができたのである。

<続く>
関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード