プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

DV(ドメスティックバイオレンス)事例及び解説

9/20日(水)のテレビ東京「朝は楽しく!」では、「夫の暴力」と「子供の暴力」の2つの再現ドラマを取り上げ解説させていただきました。
先ず、「夫の暴力」=ドメスティックバイオレンス(DV)を取り上げたいと思います。
このケースは、課長昇進後にストレス状態となった夫がだんだん暴力を振るうようになっていった事例です。




DV再現ドラマ(テレビ東京)

①課長に昇進した喜びもつかの間、1ヶ月後に夫は愚痴を言い始めました。
「下からは突き上げられるし、上からは押さえ込まれるし…」


②半年後、泥酔状態で返ってきた夫は「ちょっと飲み過ぎなんじゃやない」という妻の言葉にきれます。
「うるせー! お前はいいよなぁ、家にいるだけで」
そして、妻を叩いた父親を止めようとした娘の髪の毛をつかみながら言います。
「なんだ、この髪の色は! 今すぐ黒くしろ! 言うこときけ!」


③暴力があった翌日、夫は後悔しますが、その内、返ってくるときは必ず泥酔状態になるようになりました。
妻と娘は夫婦の寝室内に逃げ込むようになり、夫はドアの前で怒鳴ります。
「逃げるだぁ?誰のおかげで飯が食えると思ってるんだ! あけろ、ぶっ殺すぞ!」
夫の暴力は、日を追う毎に激しさを増していきました。


④命の危険を感じるようになった妻は、娘とシェルターに逃げ込み、弁護士を頼んで地裁に申し立てて夫の接近を禁止する措置をとりました。
夫は、この事件をきっかけに生活が乱れ、職場を辞めるはめになりました。
妻は、夫がかわいそうな気持ちもありましたが、心の傷を癒すために離婚する決意をします。



以上が、ことの顛末です。
どのように感じられたでしょうか。




以下、次のように解説していきます。

【DV(ドメスティックバイオレンス)事例解説】
(2)ストレス発散のための代償行為としての暴力
(3)夫が、ある日突然キレた理由
(4)なぜ、なんでもない一言でキレたのか
(5)キレるとどうなるか
(6)反省するにもかかわらず暴力が習慣化する理由
(7)夫の暴力がエスカレートしていった理由
(8)自分の中の親と向き合え!
(9)自分をどう解放するか




関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード