プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「人間がシステムに敗北している」~後追い自殺のニュースを見て

2006/10/19(Thu) Category : 自殺・自傷
「人間がシステムに敗北している」
この言葉がふっと沸き起こった。

ここでのシステムとは、社会体制(ルールや制度、社会の仕組み)といってもよい。


JR西の尼崎脱線事故の犠牲者の妻が自殺した。
妻と書いたが、結婚はしておらずJRは遺族と認めていなかった。

その女性は、親にマンションに来るようメールした後飛び降り自殺した。
「私からすべてを奪ったJRが憎くて憎くてたまりません」
「由起を地獄につき落としたJRと戦って下さい」

JR側のコメントは以下。
「精いっぱいの対応をしてきたつもりだったが、(女性の)気持ちに気がつかなかった」




朝食をとりながらこのニュースを見ていて、わき起こった思い。それが、
「人間がシステムに敗北している」
そういう思いだった。


1994年にウォルフレンは『人間を幸福にしない日本というシステム』と言ったが、それからさらに10数年、今や日本人は完全にシステムに敗北している。従属ではない。もはや敗北している。

人がシステムの奴隷になっている。
人から人間の心がなくなり、ロボット化している…


システムに追いつめられた運転手が起こした脱線事故。
今またシステムが壁となって2次被害が起きた。


1997年「少年A」の事件が時代を震撼させ、日本人の行動パターンが変化したという1998年以降、3万人に定着した自殺者数。
年間1万人を超えて「交通戦争」といわれていたが、長崎の原爆で即死された方が3万5千人。自殺者3万人時代とは、毎年原爆が落とされているようなもの。戦争の中でも最悪の時代なのだ。

しかも、その方々は自ら命を絶っている。
この国に絶望し、この国から去っている…
この国に生まれなければ、まっとうできたかも知れない命


昨日「腐った土壌」の話を書いた。
腐った土壌をそのままにしているから、芽が出ず、奇形になり、あるいは立ち枯れている。


あなた方の声こそが、日本を変えていく原動力となる。
変えていくためには生き続けなくてはならない。
生きて、声を上げてほしい。


死んではダメだ。
なぜなら、現世で乗り越えられなかった同じ課題を背負って、あなたはまた生まれ変わってくるのだから。同じことの繰り返しはいやだろう。次に行きたいだろう。
だから、死んではダメだ。


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード