プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

鬼子母神

2006/10/23(Mon) Category : 世代間連鎖
ある方からご相談いただいたことがある。
実家の妹を救いたい。

伺うと、お母さんは無自覚な支配者だった。
父親は既に取り込まれていた。
妹は異常を来していた。

しかし、そこは救うことができないことがわかった。
すでに、ホメオスタシス(平衡)が出来上がっているからだ。

「その中の誰かが助けてくれ!と手を挙げたら助けに行くことはできます。そうでなければ、行くことはできません。お姉さん、あなただけが救われてください」

このお姉さんが、連鎖を断つ役割だった。

家族カウンセリングをやっていると、世の中の見え方が変わってくる。
あぁ、この人間社会に妖怪もいれば結界もあるんだ。強力な磁場を持つ異空間もある。時空を越えたエネルギーの影響もあるようだ。
人の顔も時に刻々と変わる。……

だから、物質レベルで物事を判断することが、ますます無意味になった。
(私は霊能者ではない。オーラも見えない。念のため)




別の時、別の家族。
ご相談いただいたのは、その結界の中からだった。

そこは、静かだがすさまじい状況だった。
魂をも吸い尽くすブラックホールであるから、ひっそりとしているのは当たり前だ。
が、巨大なエネルギーが渦巻いている。親族は瀕死だった。
加害者が出かかっていた。

私は、一人一人に命綱をつけた。
先ずは、離脱する意欲を持たせること。そして、無事離脱させること。

最後は、ブラックホール自体をビッグバンさせること。
そのためには、あまりにも中心にあるが故に自分でも見えなくなってしまっているコアに気づいてもらうこと。

しかし、気づくことはコアが崩壊すること。それまでコアの周りに集まっていたエネルギーがはじけ飛ぶ。これまでの自分が一挙になくなってしまう。

だから普通の人は人生脚本の書き換えに着手しない。
しかし、大きな犠牲者となってしまった子供たちが、否応なく自分を見つめることを迫ってくる。

鬼子母神。
子の魂を喰らい続けることは、もはや許されぬ。


自分を責めないでほしい。
やるべきことは、
自分を見つめ直すこと。

逃げないでほしい。
逃げ道はもはやない。やるべきことは、
自分と闘うこと。


あなたの背中を子供たちが見守っている。


関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

兄弟皆が救われることは少ないのですか?
私は連鎖を断つ役目をしていますが、弟は飲み込まれていくのか。見ているのは残念です。

 

こんにちは

はじめまして、こんにちは。
私は子供の頃から母親との関係に悩んでいましたが、去年家を飛び出すことができました。
その頃よく中尾さんのブログを読んでいたのですが、目の前がパーっと開けたのをよく覚えています。

実際に異常な家庭に育った子供が実際どんな心情で生きてきたか、子供の視点からみた読み物があってもいいんじゃないかなと思い、最近ブログを立ち上げました。
よろしかったら、是非お立ち寄り下さい。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード