プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

第1回PMAJ例会

2005/11/20(Sun) Category : 会社・改革
「記念すべき第1回例会にたくさんの方をお呼びいただきありがとうございました!」
事務局の方からそう御礼を言われた。

聞くところによると、通例は30名前後。少ないときで20名、多くて40名くらいという。
今回は、予約していませんが、と言う方も含めて後から途から来るは来るはで椅子も継ぎ足し、結局100人は越えたのではないだろうか。
いずれにせよ、いつもの3倍近い大盛況で、大いに感謝された。

ちなみに、拙著「あきらめの壁をぶち破った人々」を読まれた方がどのくらいいるのか手を挙げてもらったが、いやはや10人程度だった(--;)。

つまり、本で来たのではなく講演の中身で来た―あとで飲みながら何名かの方にお聞きしたが、やはり講演のコンテンツに興味を惹かれたという。


皆さん、整理された知識ではなく、ホンモノの事例をノドから手が出るほど聞きたいのだ。そして、それだけ現場でご苦労されているのである。

質問は熱心なものだった。
それでは足りず、引き続き同じ会場で簡単な懇親会が催され、そこでもいろんな方からサジェスチョンを求められた。

その後、場所を変えて懇親会。10数名の方と終電近くまで懇談させていただいた。
講演も、講演後の飲み会もいつも楽しい。楽しみながらやった上に、人からエネルギーをもらっているからだ。

たくさんの方と名刺交換をさせていただいた。
この本を○○の方々に読ませたい、と仰ってくださった方。
この講演を□□の方に聞かせたい、と仰ってくださった方。

実際にこの講演を聞いて、本を読んで、「行動」された企業や個人があります。
是非、お声掛け下さい(^^)。


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード