プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


中尾相談室のカウンセリング概要
カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

2006/11/09(Thu) Category : 私の姿勢
自分の姿を知りたいとき、人は鏡の前に立つ。

自分がわからなくなったとき、人は話を聴いてもらう。
そして、相手から返ってくるフィードバック(姿勢や言動)を見て自分の姿を知る。

つまり、人は自分の鏡。
だから、いろんな人との交流が多ければ多いほど、自分のいろんな側面を映し出してくれるので自己理解が進む。

ただ、鏡にもいろんな鏡がある。
小さい頃遊園地に行くとあったマジックミラー。
伸びたり、縮んだり、曲がったり、逆さになったり…自分と接する人は、そういう多様な鏡の一つ。

汚れていたり、曇っていたり、ぼやけていたりする鏡もあるだろう。
表面の虚飾をはぎ取って内面を映したり、気持ちを映したり、オーラを映したり、魂を映したりする鏡もあるだろう。
その人の後ろに連なる時系列的連鎖(世代間連鎖)や空間的構造までを映し出す鏡もあるだろう。

要は、自分を知るためにどの鏡を選ぶかと言うこと。
その時の自分の状況に応じて鏡を選べばよい。

ただ、あえて選ばなくても、その時の自分に必要な鏡は目の前に現れる。
出逢った相手は、あなたの鏡だ。

相手が服従しているなら、あなたは支配者だ。
相手があなたを卑下しているなら、あなたは自己卑下している。
相手が常にピリピリしているなら、あなたは看守だ。
相手が反抗しているなら、あなたは帝国だ。

そして、
相手が自由にのびのびしているなら、あなたは環境だ。


20061109朝陽

(写真は今朝の朝陽)
関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

偉い子だ

どうしてるのかな。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード