プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

語り継ぐこと

2005/11/25(Fri) Category : 私の姿勢
2回にわたってお伝えしてきたワークショップ。
http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-45.html
http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-46.html

あるご縁から甲賀さんと知己を得、テル・テール・クラブのご案内をいただくようになった。私も、「語り」を重視している。

スマトラの大地震の時、全員が助かった村があった。その村では“ツナミ”の怖さが親から子へと実感をこめて語り継がれていた。そのため、潮が引き始めたとき、村人全員が一目散に高台に向かって走ったのだ。

「平家物語」も同じ。琵琶法師は、平家滅亡の物語を語り、聴衆は物語に泪を誘われながら、「人間奢っちゃいけないんだ」ということを実感として学んでいった。

識者はすぐに、教育だの、情報伝達のシステムだの、警戒態勢だのを口にする。しかし、気持ちが伴わなければ、それらはただのハコだ。
整理された知識を学んでもなんの役にも立たない。

大切なのは、智恵を伝えること。
そのためには、物語を語り継ぐこと。

肉声で伝えることの大切さを、つくづく感じている。
「語り部」が必要なのだと思う。

そういう気持ちがあったので、テル・テール・クラブに関心を持った。
そして、島田啓介さんに興味を持ち参加した。


その時の島田さんの思いは下記に書いてある。
http://jkeisuke.seesaa.net/article/8709546.html

さて、本日25日に行われるテル・テール・クラブは「方言ナイト」。


私も方言大好き人間なのだが、午後から別件あり。ここ3日間出張のため掲載が遅くなったが、ご興味のある方はどうぞ!


関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

端的なコメントありがとうございました

風の哲学さんは、研ぎ澄まされた言葉で、たくさんの詩を書いていらっしゃいますね。
転換の時代を切り取って下さい。また訪問させていただきます。

 

事実として普遍化すること

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード