プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

家族カウンセリング

2005/11/27(Sun) Category : (家族)カウンセリング
地方へ出向き2件の家族カウンセリングを行ってきた。
2家族とも、相談する相手がなく追いつめられており、藁をもつかむ気持ちで私のところにたどり着いた方々だった。

お話を伺って、確かに今の日本のシステムでは救いにくいことがわかった。児童相談所もそこから紹介される病院も頼りにならない。ご家族の方々が知りたいのは、問題となる人の症状などにレッテルを貼られることではなく、自分たちに何ができるのか、日常をどう変えていけばいいのかということである。
そして何より、世代を超えたしがらみの連鎖の中でがんじがらめになってどうにもしようがなく、愛情が裏返った憎しみと危機感の中で一族は混乱していた。

しかし、その難題に答えるためには家族全体が置かれている状況を歴史的・包括的に見ることのできる目と、目の前にいる個々人の気持ちに沿うことのできる共感能力の両方が必要である。いわば森と木の両方を見る目だ。

問題の本質を見極めると同時に、それぞれ価値観と立場の異なるご家族の方々全員から信頼を得ることができなければ、次に進みようがないからだ。
誰もが懸命にけなげに生きているという“人の存在”に対する基本的な優しさ、時に号泣し時に高ぶりつつ話をされる相手をまっすぐに受け止めることのできるまなざし、各自を肯定的に受け止めつつ全体がなぜこうなっているのか、という気づきへの脅威を与えない導き方。

必ず、問題は解決できるという人に対する信頼。しかも、「今、ここ」にいる人たちで解決できるという信念(なぜなら、課題はその人たちでクリアできるものしか与えられないから)。
その課題がどのようなメッセージを告げているのか、その本質を理解する洞察力とそれをうまく伝えることのできる経験知。

そして、直面する危機的状況にフォーカスし(それ以外は捨象し)、そこに協力を結集すべく導く導き方、現実的・具体的にどういう風に取り組まなければいけないか、という解決策を“発見”する(解決策は内部にある)ファシリテーション能力。

たった1日だった。
が、そのたった1日で、その一族は大きな大きなターニングポイントを回った。


-----------------------------------
ところで、上記のように書くと持てる能力をフル稼働させて大変だったように見えるが、実は自然体でそこに居ただけ。

後日メールをいただいたが、次のような感想がご親族の方々から述べられたそうだ。
『親戚の人が来たみたい』
『あんなにいい人なら、もっと、カウンセルしてもらえば良かった』

ありがとうございます。
実は、こちらも親戚のような気分になってしまっている(^^;)。


-----------------------------------
ところで、今の日本には、このように相談する相手を見出せずに泣き暮らしているご家庭もたくさんあると思う。家の恥だとして外に話すことをためらわれているご家庭もたくさんあると思う。
しかし、どういうわけか対峙して座ったとたん、皆素直になる。皆が素直になられるので、解決策が自ずと浮かび上がってくるのだ。

「中尾マジック」と言われたことがあったが、そのカラクリは、私には全ての現象が何らかのメッセージを持っているという意識があり、それ以上の偏見がないからだと思う。その思い方、犯人捜しをしない問題のとらえ方、姿勢が、相手には瞬時に伝わるのだろうと思っている。


-----------------------------------
ともあれ、地道にご家庭を救う仕事をしていきたい。
家族が壊れ始め、あるいは家族が空洞化し、日本が足元から崩壊しかねない現在、本当に目の前で困っている人たちを救っていきたいと思う。

困っている方、なんらも恥じることはありません。
全国どこへでも伺わせていただきます。
臆することなく、ご連絡下さい。

私は、貢献することで、この人生に恩返ししたいと思っている。


関連記事
 
Comment1  |  Trackback1
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の格言 by L.ブロワ

「誰しも生まれながらに心に鬼がいる。ある人は鬼と戦い、他の人は鬼に愛を感じる。」by L.ブロワこんばんは!昨日は、無駄足を踏ませてしまいましたか?そうだとしたら申し訳ないです。さてさて、今日は昨日の分も張り切ってまいりましょう!そして、.... ...

 
 
 

Comment

 

家族カウンセリングが周りも幸せにするのですね

はじめまして。
家族カウンセリングが、風邪をひいたらお医者さんにかかるのと同じように
もっともっと「普通のこと」になったら、
日本は幸せな国になるだろうな、と思います。

以前、夫がパワハラで会社に行けなくなり
心療内科に行きました。

それまでなじみのない世界だったので
心療内科や精神科というと
「テキトーに話聞いて、薬飲ませておわりなんだろうな」っていうイメージだったのですが

ネットで調べて「土日もやってるし予約なし」で選んだクリニックの先生が家族療法をする先生で
私も一緒にカウンセリングを受けました。

「ご主人の両親も連れてきてください」と言われたときに
パワハラとなんの関係が?とキツネにつままれた感じでしたが
パワハラをする方にも、される方にもその要素があるから
ご主人からその要素を取り出さないと
今の上司から離れてもまた繰り返しますよ、
お子さんのためにも連鎖を断ちましょう。
今、取り除きましょう」と言われ
霧が晴れたような感覚でした。

主人が会社を休んでいる間
私たち夫婦は沢山話して、ケンカしましたが
私たち夫婦は、「これをきっかけに本当の家族になれたのかもしれない」と思えました。

お陰さまで主人は先生にも「これからは同じようなことが起こる確率はかなり低くなりましたよ」と診断され、
今は元気に会社に通っています。
家族カウンセリングをしているお医者さんに偶然行けて、本当にラッキーだったと思います。

今回は全然別件で、友達が「クレーマー」にやられて困っていて
「クレーマー対処」でネットサーフィンしてたどり着いたのですが、

いろんな記事を読んでいるうちに
自分たちのことを思い出し、
そのクレーマーさんはどんな家庭で育ったのかな…と思いを巡らし

「家族カウンセリングが当たり前の世の中になったら
一家族だけでなく、その周りの人も、そのまた周りの人も
みんな救われるな…」と思いました。

「あなたの子どもを加害者にしないために」さんのような
膨大な情報量を惜しみなく提供してくれるブログがあるのは
とてもありがたいです。

情報発信、本当にありがとうございます。

家族カウンセリングがメジャーになるように
私もまずは自分の周りから、出来ることから始めていきます!

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード