プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


中尾相談室のカウンセリング概要
カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2019/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

ふうてんのカウンセラー

2006/12/03(Sun) Category : (家族)カウンセリング
東へ西へ、5日間連続の家族カウンセリングが本日一段落した。
あちらへ、こちらへとよく歩いた。

元々が風来坊。生まれながらのデラシネ(根無し草)。
そして、人好き。
だからまったく苦にならない。

困った人あらば身一つで飛んでいける。
そして、人の真実と向き合うことができる。
接すれば接するほどに、自分が成長させてもらっている。
こんなにありがたいことはない。


さて、問題の現れ方はそれぞれだが、いずれも共通するのは「世代間連鎖」の問題。
そこに気づくと、「現象」のとらえ方が変わってくる。

問題の全体像を理解するだけで…
相手の問題だったのが自分の問題になって、自分が成長し始める。
配偶者とその源家族の問題と思っていたものが、自分が解決していない問題の投影でもあることに気づく。
これは誰の問題かに気づき、余計なものを手放すことができる。
それまで何かあると半年間体調を崩して苦しんでいたのが、数時間で復活できるようになる。
凝集していたエネルギーが自律分散に向かう。

たった数時間、たった1日の触れ合いの効果は実に大きい。
人がつむぎ合うエネルギーと「場の創造性」はとても素晴らしいものだと実感する。
こういう密な交流が日常社会で行われていれば、その社会はとても自由で活き活きとした高度な社会になるだろう。

日々、スッキリ霧の晴れた顔や喜びの笑顔に接することができることを、とてもありがたいと思う。
今日も帰りの電車にメールが届いた。

「充足感でいっぱいです」

関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
QRコード
 
QRコード