プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「死」の捉え方で「生」が変わる

2007/02/06(Tue) Category : 自然が教えてくれた
「死」をどう意識するかで、生き方が変わってくると思います。

小学校3年生前後だったでしょうか。死ぬことが、とても怖かった覚えがあります。その時の「死」のイメージは次のようなものでした。




「死」のイメージ

テレビを見ている。
真っ暗な宇宙を背景に、地球が音もなく自転している。
自分が死ぬ(地球上で死を迎える)。
すると、何やら文字が浮かび上がってくる。
その文字は、やがて画面中央に大写しになり、「おわり」と書いてあるのが分かる。
その「おわり」と書かれた文字の後ろで、
地球は音もなく、ただ静かに自転している ……




当時の幼い私は、自分が死んだ後に、永劫の時間が流れるのを恐怖したのでした。
人生という時間には限りがあり、しかし、自分が死んだ後も「時」は無限に積み重なっていく……それが、怖かったのです。

そのイメージが、私の「死」に対する認識の原点になりました。
言い換えれば、いかに生きるか、という姿勢の原点になりました。

どうせ生きるなら精一杯生きてやれ、幼い私はそう思いました(← ウソ ^^;)。
少なくとも、「やろうと思ったことはやろう。しなかった後悔はしないで生きよう」-そう、思うようになりました。一言で言えば、

「“今”を大事にして生きよう」

ということです。

この生き方が、私の言動の原点にあり、そして、今の私を作っています。




「死」をどう理解し、「生」をどう理解するか。
これは哲学的な問題ではなく、誰もが子供の頃に自分なりに乗り越えなければならない「発達課題」です。人生をスタートさせるに当たって、最初にクリアしなければならない課題だと言ってもよいでしょう。

そして、
抱きしめられることによって「命の大切さ」を実感し、
おんぶされることによって「人への信頼」を実感するように、
「死と生」も実感して自分なりに理解するものなのです。

「命」も「信頼」も「死」も「生」も、教えられて学ぶものではありません。
実感して分かるものなのです。


私は、自分が観念的に捉えた「死」ということを、昆虫や動物と接する中で実感していきました。
明日から、毎週水曜日に『自然が教えてくれた「死生観」』 のシリーズを始めたいと思います(正月に宣言して1ヶ月の遅れですが…^^;)

関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

どうぞ~♪

是非よろしくお願いいたします!(^^)

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード