プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


中尾相談室のカウンセリング概要
カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2019/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

忘年会総括1―高校同窓会

2005/12/23(Fri) Category : 縁-ネットワーキング
高校同期の同窓会。いや、実に30年ぶり!!

真っ白もいれば、ツルツルもいる、ひげを蓄えてダンディーなのもいる。と思いきや独身で社長秘書をやっているかつてのマドンナもいた。変わらないねぇ…。

皆さん、会社ではそれなりの役職でそのように見られてるんだろうけど、ここでは“高校生”―だと思うとなにやらおかしい(^^)。

そう、店につくまでは社会人面してるんだが、顔合わせした途端に一挙に高校生へとワープする。これが同窓会のいいところなんだろう。
いい大人が初キスだのなんだの他愛のない話題で盛り上がる。まぁ、なにしろそれをご披露したいやつが幹事やってるのだから、愛嬌愛嬌。その裏で哀号哀号と言っているやつがいるかもしれないが(^^;)。

もんじゃ焼きのメッカ月島でやったのだが、はじめてもんじゃの正式作法を覚えた(笑)。詳しいやつがいるもので、こういうのを得々と語る姿もいいものだ。
ところで、その多感期のふるさとには次のようなサイトが立ち上がっていた。
そういえばそうだよなぁ。高校の同窓会をこうして東京でやっているわけだ。人材は流出していく。

自然と地域との豊かな交流を通じて死生観や社会観を形成してくれた小学校時代の鹿屋(鹿児島)。その風化していく様は以前に書いた。

中高という多感な時を満喫し私のキャリアアンカーを形成した佐伯(大分)。市町村合併で九州一の面積を持つ市になった。が、活性化の前途は多難である。

私が宅浪時代に住んだ高山市も、市町村合併で岐阜県一の面積を持つ市になった。
うまくネットワークをつながなければ、地方に行くと1日仕事になってしまう…老いた父が心配していた。
こちらは、あなたの脳内ネットワークがちと心配……岐阜方面で家族カウンセリングがあるので、ついでに久々に里帰りしてみよう。
関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
QRコード
 
QRコード