プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

自然が教えてくれた「死生観」(3)-蝶

2007/03/07(Wed) Category : 自然が教えてくれた
【水曜日シリーズ!←にしても1週間が早い!】


母は花が好きで、庭に花が多ければ、蝶も多かった。

可愛いシジミから、バサッバサッと羽音がしそうなカラスアゲハ(モスラじゃないっちゅうの)、光沢のブルーが綺麗なアオスジアゲハなど、まぁいろんな蝶がいました。
(小学校は鹿児島でしたから)

そういえば友人のおばさんは画家で
見事なチョウの絵ばかり描いていたのがなんとなく不思議だったなぁ…



夏休みの観察絵日記で、アゲハの幼虫を飼ったことがあります。
葉を喰らいつくしていく食欲が見事。

サナギになる時に”事件”がありました。
サナギになったうちの1匹の糸が切れて下に落ち、結局横になったまま、羽化しました。

そこから出てきた蝶は、一生懸命羽ばたくのですが、羽は地面を空しく叩くのみ。
飛べませんでした…。




★--------------------------------------------
シジミチョウ
http://www21.ocn.ne.jp/~k-yanagi/1b-3shijimi.htm

カラスアゲハ
http://www.h2.dion.ne.jp/~lev.1000/karasuageha.htm

アオスジアゲハ
http://homepage3.nifty.com/ueyama/shubetsu/ageha/aosuji/aosuji.html

関連記事
 
Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

羽化した時は濡れている

私もサナギを落としてしまった事がありました。羽化したばかりの羽は濡れていて、何も触れずに完全に開いて乾かなければ、糊ずけされた様になり、羽ばたけません。いくら花を近づけても、蜜をすうこともできず、息絶えました。羽化にはドラマがあります・・・・って、(変なんです)ちなみに、セミは見ごたえ有ります。

 

そうそう

確か、重力っつうか、平衡感覚が狂うんですよね。
何かで読んだことあります。

 

こんにちは

YouTubeの面白動画のサイトを更新しました。

爆笑で息抜きを兼ねて
ぜひ遊びに来て下さい。

http://youtubeyourtube.blog95.fc2.com/

 

さなぎの糸

生物の成長過程では何一つ無駄なものはないと言うことですね!
さなぎを支えるその糸は蝶が自然に飛ぶためには欠かさせない貴重な役割なのですね!

自然は優しいと同時に残酷でもあります。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード