プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

子は若返りの薬

2007/04/13(Fri) Category : 子育て
我が子も含めて子供たちと接すると、とても新鮮な気持ちになる。
失っていたもの、曇っていたものを取り戻した気持ちになる。

子供は手がかかるとか、煩わしいとか思っている人もいるかも知れないが、そう思うあなたは損をしている。
子供の上に立って導こうとするからそうなるのだ。

子供と「共にある」姿勢に変わると、
子供が自分の知らない世界に連れて行ってくれるし、
子供と共に青春をもう一度体験することができる。

つまり、子供は「若返りの薬」なのだ。


(自分の)言うことを聞かせようとすると、エネルギーを消耗し、あなたは老ける。
(子供の)言うことを聴こうとすると、エネルギーをもらって、あなたは若返る。


エネルギーレベルで物事を考えると極めて単純。


相手は若いエネルギーを持っている。
くたびれ果てた理屈でくすんでいない黄金のエネルギーだ。
それは、あなたの動かなくなってしまった感受性に再び命を与えてくれる。

子供の気持ちを受け止めて、新鮮な若いエネルギーをどんどん摂取しよう。


子供の気持ちを受け止めることが、どんなに「得」なことか!
おわかりでしょう(^^)。


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード