プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

幼児虐待の連鎖の断ち方(起)-虐待する自分が分からない

2007/04/19(Thu) Category : 虐待
待ち望んだ子供。
幸せだった。

ところが、
子供が言葉を話し始める頃から虐待が始まった。

なぜ!
夫は責める。

なぜ?
自分でも分からなかった。


なぜ? なぜ、自分はこの愛するわが子を虐待してしまうのか??
自分が分からなかった。
おびえる我が子が不憫だった。
しかし、自分の思い通りにならないと腹が立ち、謝らせなければ気がすまない。

イライラしたり落ち込んだり、感情はジェットコースターだった。
気付くと、爪を噛み、頭を掻きむしり、抜かれた自分の髪の毛が周囲に散っていた。

心臓がドキドキと音を立てる
我が子が近寄ってくるだけで追い詰められた-





会社員の夫は忙しいが、今の生活に不満はない
なのに、なぜ……

「私を助けて!」

自分でも分からないのに、夫から答えが返ってくるはずもなかった


本に答えを求めた。
「子供は褒めて育てる、叩いてはいけない」
何の答えにもならなかった


子を失いたくはない。
しかし、子育てがつらい。
そして、エスカレートしていく自分が怖い。

出口は見えなかった。


いったい、私はどこでどうなってしまったのか。


自分で命を断つ勇気は無い。
事故か病気で死ねればいい。
それで、誰にも迷惑がかからなくなる…。

出口はどこにもなかった。



ある日、夫が長期出張になることが分かった。
追い詰められた。
子供と、二人きりになる…恐怖に駆られた

ネットにすがった
あれもこれも読んだ

そして、アダルトチルドレン(AC)という言葉を知った…




<複数事例を元に脚色しています:続く>


★幼児虐待の連鎖の断ち方
(起)-虐待する自分が分からない
(承)-自分と向き合う
(転)-訪問カウンセリング
(結)-自分を縛っているものからの解放



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード