プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「京都小6女児刺殺事件」-背景に潜む親子問題

2005/12/25(Sun) Category : 少年犯罪・家族事件簿
本日、下記の記事がJANJANに掲載された。

【京都小6女児刺殺事件】
(1)事件概要
(2)「少年A」の家庭との類似性
(3)追いつめられた子供
(4)“事実を消す”ための殺人




是非、(1)から読んでみて欲しい。決して他人事でないことがわかるはず。マスコミに勤めている知人からも、父親としての自分の姿を思わず見直した、というメールをもらった。
いろんなご家族の下へ家族カウンセリングに出向くが、今の日本人の子供に対する要求レベルは高すぎることを感じる。子供があえいでいる。
親が煩悩を手放した時、親も子どもも救われる。
子どもを追いつめている自分がいることに、是非気づいて欲しい。他の人を巻き込んでしまう前に―。


JANJAN12/25トップページ



関連記事
 
Comment3  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

ありがとうございます。

リンクして頂いてありがとうございます。恐縮です。。。
子どもをとりまく環境のために、
どんどん発信していこうと思っています。

 

リンクさせていただきました

25日から出張でコメントが遅くなりすみませんでした。plainさんも大変なサバイバーでいらっしゃいますね…。そして、オレンジさんのような方がいらっしゃってよかった。

いろんな方のお話を伺いますが、家族の形を超えたいろいろな共同体の形があるなぁ、と感じております。水面下で、新たな模索が始まっているのかもしれません。

もともと子育ては親だけで(まして片親だけで)できるものではありません。地域の力も自然の力も借りてはじめてできるものです。

癒しと恢復の力を持つ自然や地域と隔離された上に↓
>親が子どもに要求レベルって、ホントに高いと思います

本の紹介ありがとうございました。
何か連携できることがあれば、やっていきましょう。
行動していかなければ。

 

はじめまして。

オレンジといいます。
『あなたの子どもを加害者にしないために』本屋さんに入ったときに、何度も中尾さんの著書に呼ばれ、読ませて頂きました。
‘これこそ育児書だ!’と思い、私のブログでもご紹介させて頂いております。
子どもと関わる方には、
ぜひ読んでほしいと思いました。

親が子どもに要求レベルって、ホントに高いと思います。親自身も満たされて育っていないのだろうけど、こういう連鎖は断ち切りたいです。親が気づいて、自分と向かい合ってほしいと願っています。

私も子どもたちを救いたいです。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード