プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

パニック障害克服記(11)―メンタルクリニック

2002/01/23(Wed) Category : パニック障害克服記
朝なんともなければ、僕は会社へ行こうかと思っていた。
しかし、善は急げと妻が心療内科のある病院を物色していた。
車でいける場所があいにく休みだったため、別の所にあるメンタルクリニックに行くことにした。
予約制だったが9時ならOKと引き受けてくれ、急ぎ電車で向かった。

乗り換える時間を利用して会社には電話した。
妻の調子が悪いのは社宅中の奥さんが知っているので、「妻の調子が悪くて病院に連れて行く」と、使わせてもらった。
これら全てのことが、妻が牽引車である。

家族の理解だけではなく、積極的な家族の関与と後押しが必要だなぁと思った。
一人だとどうしても楽観的に考えがちだし、億劫にもなりがちだ。
行動の後押しをしてくれる人がいると、これほど心強いことはない。
 
その病院は駅前のビルにあった。
木作りのカウンターに受付の女性が一人。
すぐに見渡せる8畳くらいの室内もベージュ系のじゅうたんで、木作りの椅子が並んでいる。
温かみのある非常にシンプルな作りで好感が持てた。
そう、病院というよりもカウンセリングルームの待合みたいな感じだ。

名を呼ばれてドアを開けると、セーターを着た普段着のドクターがいた。
窓に面して20cm幅くらいのカウンターがあり、その上にノートPCが一つ置いてあるだけである。
壁際には本棚があるだけでこれまたシンプルな空間だった。





ミニカウンセリングのような感じで、経緯を話す。
それをメモを取りつつ聞いている。
なるほどここは、クライエントの状況を判断して、それに応じた向精神薬を処方するクリニックなのだ。
医師の資格を持った半カウンセラーというところか。
カウンセラーと異なり、薬を処方できるところが強みである。

カウンセリングをやるなら、こういうところと連携を組むと良いかもしれないと思った。
さて、妻のサジェスチョンもあり、毎晩寝る前に飲むメイラックスとパキシル、そして不安が襲ったときに飲むソラナックスを処方してもらう。ソラナックスは15分くらいで効くらしい。

帰りに本を買い食事をして帰った。


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード