プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

パニック障害克服記(12)―社会保険病院

2002/01/28(Mon) Category : パニック障害克服記
薬を飲むようになって、眠れるようになっただけでなく、心臓の痛みがなくなった。
が、圧迫感は続いた。

24日の木曜日も、半分眠りながら出勤したので問題なし。
25日は飲み会があったが、楽しくやれた。
しかし、お腹が一杯になると圧迫感があるので、腹八分目にするようにした。

また、胸苦しさが襲ったときはフリスクがいいというので、常時持つようにした。ソラナックスもかばんにしのばせてある。

ところで、会社の定期検診を受けていなかったので、1月末までに受けるよう案内が来ていた。場所は社会保険病院である。
痔の手術の際に人間ドックをやっていたので、その診断書を出すつもりであったが、ちょうど良い。この際もう一度見てもらおう。

一通りの検診が終わり、最後の診察時に女医の先生に心臓の話をした。
痛みの時間を聞かれたので、15分から30分、長ければ数時間にわたることも、と応えた。

すると、痛みの時間が長ければ長いほど、それは心臓の問題ではなく筋肉か神経の問題であるとのこと。特に位置が左胸の下辺りであれば、肋間神経痛の疑いが強いとのこと。

まっすぐとこちらを見ながら、そういう心配は不要とでも言いたげに伝えてくれたこの一言は、内心大きな安心を与えてくれた。

医者の一言で、20数年間おびえ続けてきたが、
この医者の一言で、解放されていくかもしれない。

ともあれ、来た甲斐があったと思った。



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード