プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

棄民(1)-教育・医療・福祉・農業現場の惨状

2007/06/12(Tue) Category : 世相・社会
医療、教育、介護、農業などの現場は惨憺たる状況だ。

■医療現場
医師が不足している。
http://news.livedoor.com/article/detail/3108189/
産婦人科不足で、子を産めない。
http://hiyoko-ikuato.lolipop.jp/isibusoku.html
小児科不足で、子どもの病気への対応が不安。
http://www.oyako-net.com/medicine_info/20051228_0512281803/
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/sanhujinkayasyonikanikakarenu.htm
自治体病院は倒産し、住民の安心が奪われている。
http://blog.m3.com/northcosmos/20070516/2
今や3K労働となった医師が過労死や自死に追い込まれている。
http://www.med.or.jp/nichinews/n140105j.html
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/

週刊ポストの6/15号には次のような記事が載っていた。
『がん難民』
-がんセンターでベッドに空きがないため断られ家族が強く抗議して入院するも、担当医は何人もの患者を抱えて質問する時間もないほど多忙。
(参考↓)
http://cancer.jpn.org/?page=FrontPage
http://2nd-opinion.eee.ne.jp/


『脳卒中棄民』
-リハビリが受けられずに放置されている状態。リハビリ開始が遅れれば遅れるほど社会復帰は難しい。
http://craseed.net/houdou.html


病気になっても病院には入れず、
入っても人手が足りずに放置され、
しまいには「3ヶ月で病院を追い出された人たちが家族で殺し合いを始めている」(本田宏・済世会栗橋病院副院長)

「患者漂流」の著作がある中野次郎医師は次のように言い切る。
『診療報酬の改定で患者負担が増し、貧しい人は簡単に病院にかかれなくなり、地方から医師がいなくなり、医療格差はますます広がっています。この患者漂流の責任の多くは厚労省の医療行政の失敗にあります』

相談者の医師から聞いた話では、向こう5年で国はさらに医者を減らそうとしているらしい。今でさえ先進国の1/5しか医師がいないというのに。その医師によれば、内科・外科でさえ、もはやなり手がいなくなりつつあるのだという。 『当直が少ない耳鼻科、皮膚科、眼科を選ぶ学生が増えている』(ポスト6/15号)らしい。
(参考↓)
http://www.med.or.jp/nichinews/n170420k.html


かつて世界に誇った医療制度は既に崩壊している。
http://www.mie.med.or.jp/hp/iryou/flash.html

(*上記は「健康、病気なし、医者いらず」より)





■介護の現場-------------------------------------------

これも、週刊ポストの6/15号の記事から。
『手が回らないため、徘徊する入所者を部屋に閉じこめたり、禁止されている拘束を行っている施設も少なくない』
『トイレに行きたいと訴えられても忙しくて無視してしまうし、何人もの食事の世話をしなければならないので、ご飯を無理や口に詰め込んでしまうこともあります』
『懸命に働いても感謝されることが少ないため、やる気を失っておざなりの介護をするもの、ストレスのはけ口に認知症の患者に暴言を吐くものもいるという』

その現場を彷彿とさせるかのような介護ヘルパーさんの日記。
http://kaigo.wocvc.com/2006/08/post_48.html

そして、ストレスから起こったグループホーム内での殺害事件
http://allabout.co.jp/family/care/closeup/CU20050227A/




■農業の現場-------------------------------------------

最近では、朝日新聞の記事「リンゴ農家借金苦・心中未遂に減刑嘆願」が頭に残っている。
http://d.hatena.ne.jp/tamagoen/20070610

そういえば、高木美保は現在那須高原で農業も営んでいるが、最近テレビで農業が追い詰められているということを述べていた。下記サイトで次のように述べている。
http://www.wendy-net.com/nw/person/153.html

『今、私が1番伝えたいのは、自然と人と農業のつながり。人がどう生きて、どういう農業をすれば地球を守ることができるのか。世界中で、農薬や化学肥料などの農法で、土と水が汚されています。生命よりも経済性を優先する人間の欲が、自然の生態系をも狂わせている。もっと、地球全体を考えた農業を国が奨励してほしいと思いますね。
 もし、農薬も使わず正しく育てられた食物を旬に合わせて食べていたら、体も健康になるし、医療費だって削減される。国の社会保障も安泰になるし、大きな視点で考えれば、すべてつじつまが合うんです』




■教育の現場-------------------------------------------

私のブログカテゴリーを見てほしい(↓)。
http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-category-29.html




医療、教育、介護、農業すべての分野で、孤独死、過労死、自殺、心中、殺人事件が相次いでいる。人が追い詰められ、人心が荒廃し、実際に生きていけなくなっているのだ。
最も追い込まれている農業では、ついに農相が自殺した。

この国は
「命」に関わる分野を
切り捨てようとしている。


<続く>

関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード