プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

自然が教えてくれた「死生観」(15)-天道虫

2007/06/20(Wed) Category : 自然が教えてくれた
「lady bird」

なんとも可憐な名前だ。
宝石のような形や愛らしさからそういう名前がついたのだろうか。

米国では、その形に注目して名前がつき
日本では、その走光性に注目して名前がついた

「天道虫」

お天道様(おてんとさま)とは太陽のこと。その太陽に向かって飛んで行くことから“天道虫”と名付けられたようだ。
小さい頃は、「点灯虫」だと勝手に思っていた。なんか灯りが点っているような模様だから…(^^;)。

天道虫
天道虫 posted by (C)としゆき



つい最近帰省した折、母が庭にある花々を説明してくれた。
喜寿を迎え、足が弱ってきており、庭仕事が一番の楽しみという。
たくさんの種類があり、それぞれに思いがある―それらの“思い”をどれだけ受け止めてもらったのだろうか…。


ニジュウヤホシテントウがいた。
それは葉っぱを食べるから潰していいよ、と言う。

ありゃ、アブラムシを食べるのじゃなかったっけ?
話しているうちに、肉食と草食がいることをかすかに思い出した。
ナナホシは肉食、ニジュウヤホシは草食なんだ…。

そーいえば、ゴキブリのことをアブラムシと呼んでいたので、「アブラムシを食べる」と初めて聞いたときはギョッとしたものだ。


しかし、こちらは十数年ぶりのご対面である。
昔よくやった指登り。指先に来ては指をひっくり返し、すると、また逆向きになって登り始め…これを延々と飽きるまでやったものだ。
そして、てっぺんに来ると、飛んでいった。


-----------------------------------------------
地道に地道に這い続け、
いつまでもいつまでも這い続け、
終わりなき道をただ黙々と這い続け…

そして、
来るべきところまで来ると、

意を決したように
パッと
飛び立っていく



…なるほど、レディーバード(lady bird)かぁ…
もしかすると米国人も、その姿に女性そのものを見たのかも知れないなぁ、とふと思った。





http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7
http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/07/03/0325.html
http://f-page.hp.infoseek.co.jp/ten01/index1.html

関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード