プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

自然が教えてくれた「死生観」(21)-甲虫

2007/08/22(Wed) Category : 自然が教えてくれた
もう夏休みも終盤-早いものです。
名残の夏を惜しみつつ、子どもたちは宿題終わったかな?

さて、お待たせの、いよいよムシキングが登場です。
なにせ、カブトムシで変換すると「甲虫」と出るくらいですから、甲虫類の中の甲虫でしょうね。

カブトムシ

カブト vs クワガタ
やりました♪

クワガタの決まり手は、挟んで投げる「うっちゃり」?
カブトの決まり手は、てこの原理で投げ飛ばす「すくい投げ」?

さて、横綱勝負の大一番
(いつも勝負になるとは限りませんが…)
大きさにもよるけれど、てこの原理の方が分があったような気がします。



クワガタと異なり、角に糸をつけていろいろと引かせることができるのが楽しかったですね。
マッチ箱
グリコのおまけ (実は、グリコのおまけをたくさん集めていました)
もひとつおまけ (糸で連結…^^)



カブトやクワガタで思い出すのは、あのにおいでしょうか。
スイカの食べ残しを虫かごに入れますのでね、そのにおいとも相まって…
懐かしいにおいです(^^;)




ある年の夏、老親が家庭菜園を始めた頃のこと
車で延々と山間(やまあい)の畑に出向き
炎天下、手伝いをしたとき
オガクズの中にまるまるとした大きな大きなカブトの幼虫を見つけました。

まるで、俺様が天下だと言わんばかりの堂々ぶり
思わず手にしてしばらく眺めて、そして、そっと元に戻しました。


ああいうのを見ると、ホント嬉しいですね!
地球が生きてるって感じで。

豊かさを感じます。

私は、ああいうのうのうとした姿を見るのが好きです。
子どもたちが、我が物顔でのうのうと外を飛び回っているのが、豊かな社会だと思います。






動画があります↓
http://www2.ocn.ne.jp/~yoshino/kabuto/index.htm




関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード