プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

命奪うDV 後断たず

「命奪うDV 後断たず」-今朝の朝日新聞にホンジュラスの実態が掲載されていた。
メキシコの南方にあり、日本にコーヒー、ゴマを輸出している人口740万人の中米の国。
80年まで軍政が続き、男性が銃や農作業用のカマを持ち歩く習慣があり、暴力事件が多い。

女性の15歳~35歳の死因の第1位はエイズ、第2位がDVだ。
従って被害者は主婦が多く、『女性にとって一番危ないのは家の中』。

なんだか、この言葉…日本の実態がかぶってくる(日本でも2日に一人配偶者がパートナーから殺されている)。

ワークショップなどの研修会で学んだ男性警察官(27歳)が、『DVは普通のことだと思っていたが、問題としてとらえるようになった』と述べているように、社会環境がモラルに影響を与えている。

いろいろなことを想起した。
が、書く時間がない。
ともあれ、メモ。


関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

ホンジュラスは、日本との平和条約25条による連合国です。
ホンジュラスが、台湾澎湖諸島、南樺太千島、日本の南極に対する請求権、新南群島西沙群島に対する日本の残存権利権源請求権の完全化に賛成してくれて、ホンジュラスの「日本との平和条約2条bcefの利益を受ける権利」を放棄する時が、ホンジュラスが連合国の一国として日本が第二次世界戦争の償いを終えたと判断した時です。
ホンジュラスが、日本との平和条約21条により朝鮮に与えられた「日本との平和条約2条bcefの利益を受ける権利」の剥奪に同意する時が、日本の朝鮮に対する貢献は十分とホンジュラスが判断した時です。

中国や朝鮮の政府やロシアとの外交は、ホンジュラス等の米を始めとする連合国の諸国と協議しながら行うのが本来です。
ホンジュラスの人達を見かけたら、日本は台湾澎湖諸島や南樺太千島や南極に対する権利や新南群島西沙群島に対する権利権源請求権の完全化をホンジュラスに嘆願してもいいか聞いて色々言われたり言ったりするといいと思います。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード