プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

親の力よりも仲間の力!

2005/07/18(Mon) Category : 家族小景
昨日今日と中学総体。
息子の最後の卓球の試合である。

昨日は、妻と2人で見に行った。
中の上くらいの実力なので2回戦目から参戦。
オッ、腰も低い。板についている。集中している。隙がない。

ストレート勝ち。
全く危なげのない試合だった。
見違えた。

3回戦。強いと噂されていた朝鮮の選手を破って登場したのは聾学校の生徒。
強かった。
ストレート負け。
両方とも、良い試合だった。
う~ん。少年を離脱しつつあるなぁ。
息子を見る目が変った。基本的に心配することは、もうないなぁ…。

-------------------------------------
今日は団体戦。
既に満足している私は行かず、妻が一人で応援に。

少しして昨日バイトで遅かった娘が、後を追うように出かけた。
朝、息子が目覚ましかなんかを持ってきて、「見に来てほしそうだったから」と言う。

-------------------------------------
2人での夕食時、息子に聞いた。以下、質疑応答風に記す。

試合で緊張することは?
「あんまりない。でも、今日は一度負けてる相手で硬くなった」

緊張しない方法でもあるの?
「サーブの時、打つ前に相手の構えなどしばらく見て、どこに打つか決める」
―これは、先生の指導だそうだ。

K先生の教え方はどう?
「自分でやって見せてくれるし、後ろから腕をつかんでやってくれるので、わかりやすい」
―他校におられたころに総体優勝に導いた先生で、全幅の信頼を寄せている。

いつから強くなった?(一応エース)
「2年の後半で、ダブルスからシングルに変わったとき。練習内容がまったく違う」

ダブルスをやってて良かったことは?
「フットワーク。ダブルスは始終動いていなきゃいけないから」

卓球をやってよかったことは?
「仲間と達成感」
シングルでの悔しさと達成感、そして団体戦での仲間と共に味わう達成感、両方味わったそうだ。それは、いい経験をした。

高校ではどうするの。
「卓球を続ける」
目指す高校の周囲には卓球の強豪校があるらしい。そういうところと練習試合をするのが楽しみなようだ。いつの間にやら、そんなことまで調べている(こりゃ、ほっといても受験勉強やるだろう)。

---------------------------------------
そんな話をしているところへ、妻が帰ってきた(娘は、その足でDランドのバイトへ)。荷物を置くなり話し始める。
応援の姿が彷彿とする。(以下、細かいところは違うかもだが)

接戦のT君。決めた瞬間に声が出た。「いいよ、もっと声を出して!」と促す応援をすると、段々声が出始めたらしい(後輩にも、もっと声を出して、と促す妻―“ト書き”)。
そして、接戦で勝ったT君が、終了直後に思わず泣いたらしい。
彼の肩を叩くS君も、思わずメガネを持ち上げて目頭をぬぐう。
それを見た妻も、思わずもらい泣き…

---------------------------------------
ン~、青春してるねぇ!!

娘の陸上の応援でも感じたが、子どもを持ってよかったことは、もう一度青春を味わえること。
“子育て”なんていってるけど、私の場合は、もう一度一緒に青春を味わっている。育てると言うよりも、同時進行で体験していると言った方が良い。
つまり、若返るわけで、これこそが子を持つ醍醐味と心の中では思っている。

----------------------------------------

それにしても、思い起こせば小5か6? 私が、息子を卓球に引っ張り出したのだった。よくここまで来たな、と感慨深い。
はじめ中学のクラスに馴染めない部分があったものの、卓球でいい先生と仲間に恵まれた。

難しい年頃を切り抜けたと思う。
それは、親の力よりも、いい先生と仲間の力が大きい。
感謝!
関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード