プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

自然が教えてくれた「死生観」(28)-蛙(5)

2007/11/01(Thu) Category : 自然が教えてくれた
帰巣本能。
そう、カエルにもあるのです。

水槽で、卵から飼ったカエルを近くの水場に放しに行きました。
(これは、アオちゃんとは別のカエルです)


梅雨のとある雨の日。
会社から帰ってくると、社宅の階段に4匹ほどカエルがいるのです。

社宅は全く同じ形で10数棟立ち並んでいます。
なぜか、他の階段にはいません。

当時の我が家は2階。
そのカエル達は、1階の階段から踊り場にかけて散在しており、
しかし、一様に上を目指しています。


…まさか!


ピン!
ときました。


これは、あの放しに行ったカエル達ではないか…
可愛いもんだなぁ、と思いました。
(勝手な勘違いかも知れませんが ^^)


もちろん、連れて帰りはしませんでしたが…(^^;)。



そういえば、あの後どうなったんだろう。

関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

ああ、いいですね

本当は側に来たいのです。受け入れてもらえたので来るようになったのでしょう。十分に受け止めてあげれば、子供は「このままじゃいけない」と自分から動くようになっていきます。

 

子宮にかえる?

 おはようございます。

 私は、高1女、中1の男の母です。
2人とも不登校をやった子、現在進行形の子です。その事を私が受け入れたときに、私のおなかのそばに来るようになりました。私より大きな子が・・・不思議ですね。甘えては、離れていきます。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード