プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

ナチュラルへの飢え

2007/11/06(Tue) Category : 子育て
「暴力的番組が悪影響か=視聴の男児、攻撃的に-米大調査」

米ワシントン大学(ワシントン州)の研究チームはこのほど、暴力的シーンが多いテレビ番組を日常的に視聴する2~5歳男児は、成長後に攻撃的性格を帯びる危険性が大きいとの調査結果を発表した。
 米小児科学会誌11月号に掲載された論文によると、アニメやヒーローが活躍する特撮ドラマなど戦闘やけんかシーンの登場する番組を毎日1時間以上視聴した2~5歳男児が5年後に「攻撃的」「落ち着きがない」と指摘されるようになった比率は、視聴しなかった男児に比べ3倍高かった。
 幼児は現実と虚構の区別が明確につけられないため、殴られた登場人物がすぐ元気に復活するシーンなどを見慣れると、「暴力は問題ない」と誤解する恐れがあるという。一方、暴力場面がない子供向け教育番組を視聴した男児では、攻撃的性格につながる兆候は見られなかった。 
【時事通信社 - 11月06日 15:01】




「三つ子の魂百まで」と言う。

長い人生の始まりのたった3年。
でも、とても大切な大切な3年。

この3年間で最も大事なことは、
親との信頼関係を創り上げること
自然の移ろいを知り、風土になじむこと

まずはこの2つだ
人は、自然環境と社会環境の2つの中で生きていくからね

親との信頼関係が、この社会との関係の全ての基礎となる
風土になじむことが、その風土で生きていく上での基礎となる

だから、何はともあれ「親」や「自然」とふれあわなきゃ
それが、「こころ」と「からだ」の根っこにあるものなんだから…





…下の方を少し説明しておくと、
たとえば、暑い地方に生まれて汗疹で大変な目に遭うとする
親はご苦労様だが、3年すると肌がなじんで汗疹が出なくなる

この面倒を嫌がって、あるいは赤ちゃんがかわいそうだからとクーラーの部屋で育てるとする
すると、汗腺が発達せず、自律神経も鍛えられない

その子は大きくなって、自分の住む風土に対してストレスを抱え込むことになる
自律神経も鍛えられていないから、すぐに失調する
結局、人生最初の3年をナチュラルに過ごさなければ、後の生涯を苦しむことになるのだ





それに、1歳でハンマーでガラスをたたき割った人もいれば、
1歳半で嫁姑の関係をじっと見ている子もいる

1歳児の現実観察能力はすごいものがある
だからこそ、自然に触れ自然を観察して欲しい

大体、文化や文明というものは、その民族の自然観を基に創られている
文明を真っ当なものにするためには、自然認識をきちんとしなければダメだ
自然をふまえない文明は、糸の切れた凧のように迷走して消え去っていく





つまり、いいたいことは、
親や自然とふれあうべき人生最初の3年を
わざわざ、バーチャルなテレビに触れるなよ、ということ

テレビ自体がバーチャルだが、
その中身はすべて自然やホンモノの模倣だと言ってよい
だって、人間が創ったものだもの

それに一方通行でコミュニケーション能力や社会性は育たないし…


このアメリカの調査は、そもそもテレビを見ることを是とした上で調査している。
見ているこの中での比較だけでとらえると、誤ってしまうのではないか。
「攻撃的」「落ち着きがない」といったこの背景には、もっと別な要因もあると思う。





…ハッキリとした四季の移ろいと
自然界の1/f の揺らぎやざわめきに
とても飢えている私がいる


関連記事
 
Comment3  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

デスノート

 「デスノート」について、娘に話を聞いてみたのですが、その前に娘は「デスノート」のファンでした。
何か事件が起こると、テレビやゲームのせいになって、打ち切りになるから、見た事も無いのに、批判しないで欲しいと言われました。そういう事で、お付き合いしました。主人公はノートをたまたま拾った高校生。非の打ち所の無い少年で、その母親は、息子が持ち帰る100点のテストを、うれしそうに受け取る人で、まさか自分の息子が、自分の部屋に入ると、ノートに死んでも良い人を選んで、書き込み連続殺人鬼になっているなんて思いもしない。その少年とチョコレートを食べながら変なカッコウで、その殺人鬼を探す探偵の話でした。そこまでは、付き合えましたが、後は一緒に見るには無理でした。話は結構心理的な話で、子どもとしては、共感できるのかな?と思いました。

 

続き

 今は、入眠剤を飲んで眠ってます。ちゃんとカウンセリングも受けてますよ。

 

闇の夜

 アメリカ?では、子どもを赤ちゃんのころから、親とは別の部屋で就寝しますよね。私は、大人になってから夜の闇で眠れずに、いつも夜が来なければ良いのにと思っていました。誰かそばに居てくれれば良いのにと。大人でも怖いのに赤ちゃんが闇の中で1人で眠るなんて、とても悲しい事だと思います。感受性の強い子は、何らかの影響があるんじゃないんですかね?

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード