プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

妻との沖縄の旅(5)-最終日:ひめゆりの塔

2007/11/19(Mon) Category : 旅行記
【妻との沖縄の旅】

最終日だ。

沖縄に来て、是非見たかったのが、自然の風景と戦跡だった。
最終日のこの日、最初に行くのは「ひめゆりの塔」と決めていた。

レンタカーに全てを積み込んでチェックアウト。
程なく着いた。
ひめゆりの塔


校門までの80mは黄色い小花が咲き乱れる相思樹並木だったという。
戦争は、その風景をこの地上から永久に消し去った。
相思樹並木

【写真は後述の本より】



私は、資料館に入って間もなくから、感情が揺れていたようだ。

戦争の色がだんだんと濃くなっていく様子
生き残った方々が物語るビデオ映像
そして、体験者の方の生々しい話
いろいろな場で、涙がこみ上げそうになってはそらし、にじんでは散らし…

証言を読むことのできる展示室では、
何度も涙で見えなくなった
ひめゆり手記






日本は沖縄を捨て石にした
さらに、
日本は国民を捨て石にした


この壮大な愚を二度と繰り返さないために、伝え続けなければならない。

私は、資料館で本を購入した。
ひめゆり平和祈念資料館


いずれ、手記のごく一部だが、ピックアップしていきたいと思う。





目に痛いほどの美しい自然
目に余る人間の醜い行い

そして、深くえぐられた傷跡から、現在も膿は出続けている…

沖縄は日本になってはいけない。
日本は沖縄から学ばなければいけない。

ヤマトンチューがしでかした壮大な愚を二度とやってはいけない。


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード