プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

我が子に導かれよ

2007/12/09(Sun) Category : 子育て
子供は親の本心を体現している

と、つくづく思う



子供の頃にいろいろな思いを持っていた人も、

いつの間にか親そっくりになってしまっている

考え方、価値観、話し方…もはや体が、自分の中に棲む親に乗っ取られてしまっている



しかし、幸いなるかな

自分のお腹から生まれた子どもたちは、

自分がお腹の底に封印してきた気持ち達を一緒に外に救い出してきているかのようだ



あなたが抑圧したまま忘れ去っている気持ちたちを

子どもたちが自分の言葉で表現してくれているのだ



子どもたちの言葉を注意深く聞いてみよう

あなたの本当の気持ちが そこ にある




親の影響を子が反映しているという意味で「子は親の鏡」と言うが、

親の本心を子は体現しているという意味で「子は親の鏡」と、私は言う。



全ての子供は、親に向かって、あなたは「裸の王様だ!」と叫んでいる。

子供の声に真摯に耳を傾けると、自分の本当の姿が見えてくる。

叫んでいるのは、かつての自分自身だから。



わが子の気持ちを尊重するということは、

ほかでもない

自分の忘れていた本心を取り戻すということだ



子は叫んでいる

「我に返れ!」と―



我が子に導かれよ

それが

自分を取り戻す近道だ



関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

導かれてますねぇ!

素晴らしい!
それにしても、自分が思いを定めて動き始めると、いろいろな出逢いが出てくるものですね。

人間関係は本来豊かなものだと多くの人に感じてほしいものです。

そして、自分たちを導いてくれる子どもたちのために、自然豊かな地域環境を残していきたいものです。それが、恩返しかな…。


 

導かれてます。

子育てのためにと読んだ本が自分と向き合うきっかけになり、このブログまで辿り着き、自分が救われました。

子供のありのままを受け入れてくれる保育園は、親の私もそのまま受け入れてくれる所でした。

子供のためにと足を運んだ講演会やセミナーで、勉強したいことが見つかりました。

ふと気づくと子供のためにと思って行動したことが、全部自分にとってプラスに返ってきています。子供にたくさん返していけたらいいなと思います。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード