プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

二重派遣を摘発したのは派遣女性

2008/01/08(Tue) Category : 世相・社会
佐川子会社で物流大手の佐川グローバルロジスティクス(SGL)は、物流コスト(人件費)を下げるため「日雇い派遣」を利用している。季節による物流量の変動にあわせるため正社員を雇わず、派遣で対応しているわけだ。

SGLはグッドウイルから派遣を受け入れ、大手通販会社の倉庫に送り込み、仕分け、箱詰め作業をさせていた。
グッドウイルはSGLに指摘したといい、SGLはグッドウイルも知っていながら黙認したといい、罪のなすり合いをしているようだが、厚労省は調査の上、両者に行政処分を課す予定。

http://www.asahi.com/job/news/TKY200801060156.html


企業を行政処分に至らせたのは、20代の女性。
「なにかおかしい」と思い、
ネットで調べて「二重派遣」という言葉を知り、
労働局に給与明細(証拠)とともに実情を話し、
労働局が企業に立ち入り調査し、処分につながる証拠を得た。

女性は言う。
『事実は現場で働いていた私たちが一番よく知っている。おかしいことはちゃんと言わないと、いつまでも企業は変わらない』

【20080107朝日社会面より】


---------------------------------------------------
拍手を送りたい。
現場が声を上げていかなければ、何も変わっていかない。

本当ならば、社員に動いてほしいところだ。
私も、今で言う「内部告発」をするときは自分の首をかけた。
(詳細は、「あきらめの壁をぶち破った人々」参照)

本来なら、社員一人一人がそこまでの責任と覚悟を持って働くべきだ。
自分と会社が対等な立場で話をしていかないから、会社がどんどんのさばっていく。今や働き過ぎはワークライフバランスを侵して病理現象にまで達している。

私の所にもパワハラの相談があるが、パワハラに遭う中で行動しようとする女性もいる(無理はしないでね)。

深く病に冒されてしまった企業を変えていくことが出来るのは、
もしかすると、社員ではなく派遣
そして、男性ではなく女性なのかもしれない

…と、ふと思った。


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード