プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

三菱自欠陥車運転手死亡事故-判決メモ

2008/01/17(Thu) Category : 社会事件簿
2002年に三菱自動車製大型車のクラッチ部品の欠陥が原因で男性運転手(当時39)が死亡した事故で、横浜地裁の鈴木秀行裁判長は16日、下記の刑を言い渡した。

元社長河添克彦被告(71)に禁固3年、執行猶予5年(求刑禁固3年)
元副社長村田有造被告(70)は禁固3年、執行猶予5年(求刑禁固3年)
元役員で三菱ふそう元会長の宇佐美隆被告(67)は禁固2年、執行猶予3年(求刑禁固2年6月)
元品質・技術本部副本部長中神達郎被告(65)は禁固2年6月、執行猶予4年(求刑禁固2年6月)



■20080107 東京新聞---------------------------------------

『隠ぺい体質指弾 遺族涙、判決に安堵 三菱自元社長ら有罪』
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008011790070654.html

『「ブランドイメージを守る目的でヤミ改修をした」-。
三菱自動車のクラッチ系統部品の欠陥による死亡事故をめぐり、横浜地裁で十六日言い渡された判決は、同社元トップらに「有罪」の判断を突きつけ、同社の「隠ぺい体質」を厳しく指弾した』

『判決は、三菱自の長年の“隠ぺい体質”を批判し、旧運輸省から報告を求められてもなお、隠ぺいを続けた元社長河添克彦被告(71)ら四被告の無責任ぶりを断罪した』

『当初は事故の責めまで負わされた被害者の遺族らはハンカチで涙をぬぐった』

『傍聴席には、欠陥クラッチ事故で亡くなった運転手の男性=当時(39)=の遺族の姿があった。鹿児島県から駆け付けた男性の弟と息子は、傍聴席の最前列で、にらみ付けるように四被告を凝視。二人は時折、手で涙をぬぐいながらもじっと判決に聞き入り、閉廷後は、互いに顔を見合わせ、ほっとしたような表情を浮かべた』

『主文が言い渡された瞬間、三菱自元社長の河添被告は驚いた表情で裁判長に目を向け、納得がいかないとばかりに首を横にかしげた』

『河添被告の主任弁護人・金森仁弁護士は「結果責任を押しつける検察官の主張を追認し、企業経営者に実現不可能な義務を課す判決で、到底承服できない」とコメントを読み上げた』




■20080117朝日新聞------------------------------------------

他社の自動車メーカー幹部
『リコール隠しを知っていた以上、責任は免れない』

国交省幹部
『極めて悪質で、組織として有罪になるのは当然』

刑事過失論 松宮孝明立命館大学法科大学院教授
『クレーム隠しの発覚を契機として企業体質を改善しなかったことで刑事責任までが問われることになる』


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード