プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

懐かしい人

2008/01/20(Sun) Category : 縁-ネットワーキング
懐かしい人から飲みに誘われた。
何となくTVを見ていたら、突然私が出てきてびっくりしたという。

随分前のこと、ある心理の講習会で、たまたま私の方から酒に誘ったのだ。
その方は大手電機メーカーの部長だった。

とても気さくな人だったが、
「面談の時、部下がなかなか口を開いてくれない。何かないか、と水を向けるのだが“いえ、ありません”と30分もたたずに終わってしまう」
と言う。

私は、産業カウンセラー養成講座の受講を薦めた。
理屈ではなく訓練の範疇の問題だったからだ。とりあえず、比較的安く(当時)訓練を受けるにはこの講座が適当だった。

1年後、飲みに誘われた。
見事、資格を取得されていた。

「いつも終わる頃の時間に、なんと部下の方から“もう少しいいですか”と言ってきたんだ」
彼は嬉しそうに言った。それが、複数いる部下全員がそうだったという。

「聞いているつもりで聴いていなかったんだなぁ、とわかったよ」


それから2年後、彼は会社を辞めた。

今はEAPの会社と契約してカウンセラーとして活き活きと仕事をされている。

久々の酒はうまかった。

関連記事
 
Comment2  |  Trackback1
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

産業カウンセラー

産業カウンセラーの情報です。 ...

 
 
 

Comment

 

ありがとうございます

仰るとおり、人は見守られれば生きていけます。身近にいなくてもいいのです。彼が、あいつが、あの人が、遠くから見ている-そう思うだけで勇気が湧いてきますよね。そういう人が1人いればいいのでしょう。あるいは、現世にいなくてもいいのです。

丁度、友人の没後10年に当たり、その記事を本日書いたところでした。

 

良い話です

とても良い話だと思います。あまり会わないけど、たまに会うと良い話を出来る。素晴らしいです。

頻繁に会わなくても深い絆を持つ事の出来る人、頻繁に会っていても深い絆を持つ事が出来ない人。人間のつながりというのは非常に不思議だと思います。私自身のことを顧みると、相手に頻繁に会う事を要求している時は、相手を大切にしているのではなくて、心理的に相手に依存しようとしたり相手を使おうとしていたりする場合が多いことに最近気付きました。逆に「今度、時間がある時にでもゆっくりと」と慌てることなく言える関係の人のことは、逆に信頼しているし、いざという時にはその人が助けてくれることがわかっている。もちろん、私自身もその人に何かあれば緊急出動できることを自分自身が知っている。そういう、頻繁に会わなくても信頼出来る人というのが2,3人でいいから周りにいると人生は幸せだと思います。

中尾さん式に言うと、頻繁に会わないけどbeingっていうことになるのでしょうね。普通のようで、とても素晴らしい話でした。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード